広告

アモバンを服用していますか…??

向精神薬・大量


…服用していますね?

そして、作用持続時間について、
疑問はありませんか?

私はアモバンを服用していた時期があり、
さらに、一般的な睡眠薬も、
ほぼ全て服用してきました。


広告


んで、今回は、

アモバンの作用持続時間」について、

実験した体験談の内容を、
お伝えしていきます。


やはり、不眠の方で多いのは、
寝つけない症状ですね。

そのため、最近多く処方されるのが、
ハルシオンを除いた、
超短時間型の睡眠薬です。


現在は主に、4種類の睡眠薬がありますが、
「アモバン」も、その1つなんです。

では、さっそくアモバン(成分:ゾピクロン)
の作用持続時間…
こっそりと教えちゃいますね♪


よろしくお願いします。

体験談!アモバンの作用持続時間は?

作用持続時間ですが、

いきなり言っちゃいますね!!

私の体験談では、『約3時間』。


なぜかと言いますと、
この数字は、私がアモバンを服用して…

眠りに入ってから、3時間以内には目が覚めず、
3時間を超えると、途中で目が覚めることがある。

それと、
アモバンを服用して、眠らずに2~3時間
経過してから眠ろうとすると、眠れない^^;


この2つの実体験から、
私は、アモバンの作用持続時間は
約3時間』だと体感したんです。


いつも睡眠薬の効果発現時間や
作用時間に気を使っているので…

おそらく、
皆さんにも当てはまると思います^^

※私の場合、睡眠薬に耐性がついているので、
 作用持続時間が少し短い可能性はあります


広告


半減期と作用持続時間とは
ちょっと、ややこしい話をします!
しかし、付いて来て欲しいです♪

半減期は、正式には、
血中濃度半減期」のことです。

この、血中濃度半減期と
薬の作用持続時間には、
それなりの関連性があるんです。

半減期とは、薬の血中濃度が最大になり、
その後、薬の血中濃度が半分になる時間です。

ちょっと、ややこしいのですが、
順に説明すると↓

  1. 薬(ここではアモバン)を服用

  2. 体内でアモバンが吸収される

  3. その後、血液中にアモバンの成分が混ざる

  4. 血液が巡回して、脳にアモバンの成分が到達する

  5. 時間の経過とともに、
    血液中でアモバンの濃度が下がる

  6. 血液中で、アモバンの成分の濃度が半分になる

この、⑥の状態が、血中濃度半減期です!!

血中濃度半減期の時間が短いほど、
一般的には薬の
作用持続時間は短いとされます。

しかし、血中濃度半減期作用持続時間
同じというワケではありません。

さらに、「個人差」もあります。

なので、半減期は、薬の作用持続時間の
目安の1つでしかありません。


例えば、抗不安薬や睡眠薬で有名な
デパス」の場合、半減期は6時間です。

しかし、
6時間も作用が持続してくれません。

私の場合は、4時間を過ぎると、
デパスが切れてきた・・・
と、自身で体感(実感)できます。


つまり、大抵の場合、
薬の血中濃度が半分になる前に
作用が実感できなくなる
ことが、ほとんどです。


そんな訳で、○○という薬は、

「長く効く」とか
「すぐ切れる」など


この程度しか、
私たちは知ることができないんです。

なので、「作用持続時間」は、
実体験した本人にしか、
正確にはわかりません。


寝ていr猫


他の超短時間型の睡眠薬と比較

アモバン以外にも、現在使われている、
「超短時間型の睡眠薬」の作用持続時間を
体験談でご紹介しますね♪


ベンゾジアゼピン系の睡眠薬

●ハルシオン
半減期=約3時間
私の作用持続時間=約3時間

う~ん、これは半減期と
ほとんど同じ感じですね!


非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬

●マイスリー
半減期=約2時間
私の作用持続時間=2~3時間

2つの時間が、ほとんど同じですね。


●ルネスタ
半減期=約5時間
私の作用持続時間=4~5時間

こちらも、
2つの時間がほとんど同じです。


で、今回の主役の登場です。
●アモバン
半減期=4時間
私の作用持続時間=約3時間

多少ズレが有りますが、
2つの時間は近いですね。

紹介した薬は、半減期の時間
作用持続時間に、
差が少ないことがわかりました。


まとめますと

超短時間型の睡眠薬の場合は、
半減期と作用持続時間が、
ほとんど同じという結果になりました。

これは、私が、
全て服用して実験した結果です。

なので、「個人差」もあると思いますが、
近い結果になるのでは?と、思っていますよ^^


私が感じたことは、半減期の時間が
長いほど、作用持続時間と一致しなくなる!!

これは、確かだと言えそうです。


睡眠薬の豆知識
ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、
浅い眠りになりやすいと言われます。

でも、アモバンは、深い睡眠を得やすい。

また、睡眠薬に耐性がついていると、
作用持続時間が短くなる可能性がある。


アモバンの関連記事です↓
アモバンの効き目時間(効果発現)は?私の体験レビュー!

アモバンの効果と強さは?苦さも一緒に体験レビュー!


眠れない女性

まとめ

お疲れ様でした!

今日の記事は、
参考になったでしょうか。

今回の主役、『アモバン』は、
服用後、効果が表れる時間が早いです。

そして、3時間程度で作用がなくなります。

まさに、寝つけない人専用と言えますね。


血中濃度半減期は、書籍やWeb上で
確認できますが、
作用持続時間は、詳しく載っていません。


半減期と作用持続時間に違いがあること!
これで、あなたも納得してくれましたね(・∀・)

あぁ~、デパスが6時間効いてくれたら、
ありがたいのに~…
と、感じている管理人でした^^;


最後までお付き合い、
ありがとうございました。

広告