広告

パキシルの断薬考えていますか…??


…でも、絶対に焦ってはダメ!!

薬の増量じゃないんだから、
そんなに心配ないでしょ?

・・・コレは、間違いですよ。


広告

特に、相手は「パキシル」です。


急にやめて、離脱症状が出る人が
多くいるんです(>_<)

コレはもう、
この記事を読まないと後悔するかも?


で、今回は、

パキシルの断薬を上手く成功させる方法」を、

体験談リサーチより、
せっかちな、あなたにお話しますね^^

(※せっかちでなかったら、ゴメンナサイ^^;)


で、パキシルの断薬ですが、
きちんと知識を持って…

時間をかけて実行すれば、
ほとんど成功するでしょう!

もちろん私も、
以前パキシルを服用していました。

そして、急にパキシルをやめて、
「離脱症状」という、言葉では説明しづらい、
不快感を感じ、脂汗が大量に出たんです。


では、私の最悪だった体験談から、
スタートしたいと思います!

宜しくお願いします。

女性・うつ状態

パキシルの断薬を失敗すると?

コレは、私自身が体験したのですが、
抗うつ薬、特に「SSRI・SNRI」の
急激な、減量・中止は、かなりまずいです。

私が始めてパキシルを服用したのは、
個人輸入で、購入した時です。

で、1ヶ月服用できる量のパキシルを、
購入しました。

薬がなくなりそうだから、
パキシルは、お・し・ま・い!!

と、考えていたんです。


で、パキシルは、
1日40mg服用していました。

それを、一気に「ゼロ」にしたのが、
間違いでした^^;

パキシルの服用をやめて、
約36時間後に、断薬の影響で、
「離脱症状」が発生。

症状は、人それぞれ異なり、
沢山ありますが、
私の場合は、以下の症状が出ました。

  • 吐き気

  • めまい

  • 感覚の異常

これらの症状は、
本当に急に出現してきます。

初めは、パキシルが原因と
気づかなかったのですが…

よく考えたら、それ以外に
原因が見当たりませんでした。。。


私は、吐き気&めまいの最中、
パソコンで調べることに。

なるほど(苦笑
間違いなく離脱症状ですね。

その後、数錠残っていたパキシルを
直ぐに服用して、数時間後に、
異常な症状は、治まってきました。


で、パキシルの在庫が残り2錠だったので、
心療内科を受診し・・・

パキシルを服用していた経緯を話して、
医師に処方してもらいました。

この体験以降、私は薬に関して、
超・敏感に接するようになったんです。


では、私が慎重に断薬をして、
成功させた流れを紹介しますね♪

広告

体験談!パキシルの断薬に成功!

私はパキシルを、
1年くらい服用していました。

で、やめようと思った理由は、
うつ状態に対して、効果が弱かったこと!!

1番の理由は、コレなんです。

確かに、パキシルは不安感を和らげて、
ほのぼのした気持ちを与えてくれました。

でも、1番の問題は、“うつ状態”でした。


SNRIの「トレドミン」に、
薬を変更しようか?

と、医師と相談していたんです。

当時の私には、パキシルがMAXの
40mg(症状により50mgまで)
処方されていました。

リラックスしている女性


普通なら、

パキシルを20mgに減量する

この様な方法が多いと思います。

でも、一度地獄をみていた私は、
超・慎重です。

担当医に、2週間で「5mg」ずつ、
減量して下さい!!

と、お願いしました^^


昔は、パキシルに5mg錠は
ありませんでしたが、
現在はありますので、上手く使います♪

本当なら、パキシルを断薬しながら、
「トレドミン」を徐々に増やすのが、
一般的な方法だと思います。


今では、一般的に処方される、
抗うつ薬をほとんど服用してきたので、
分かるのですが、慎重過ぎる医師は少ないです・・・

それと、パキシルの効果を、
再確認するためにも、
トレドミンを途中で服用したくなかったんです。


断薬に成功した速度

断薬の速度は、医師の考えや、
個人差の影響も大きいです。

私は、地獄を経験済みでしたし、
知識も付いていたので…

医師にこちらから、断薬の速度
お願い出来ました。

ゆっくり過ぎて、デメリットは少ないので、
パキシルの5mg錠を上手く
使用してくれる医師が、安心ですね^^


2週間で5mg=1ヶ月で10mgの減量

このペースなら、たった4ヶ月で、
パキシルを断薬出来る計算になります。

パキシルの減量中、
ほとんど、「心・身体」に
影響は出ませんでした。


それから、パキシルを
ゼロ」にする日がやって来ました。

う~ん…
減量中に、ひどい症状は出なかったです。

なので、私と同じ速度で、
断薬をすれば、成功する可能性
高いと思います^^

それから、2週間後に心療内科に
行きましたが…

やっぱり、パキシルが効いていた!
と、自身で感じていました(ヽ’ω`)

  • 不安が強かった
  • 外出が苦痛だった

この様な症状を感じていたので。

その後の私は、
SNRIの服用になりました♪


★パキシルの離脱症状の記事を書きました♪
パキシルの離脱症状!吐き気とめまい?私の体験談はコレ!

抗不安薬・睡眠薬

パキシルの断薬には成功したけど・・・

やはり、パキシルをやめても、
今の私には、「抗うつ薬」の助けが、
まだ必要だと改めて思いました。

という訳で、
その日に、SNRIの「トレドミン」
を処方して頂く事になったんです。


自分でも、今までに服用した
抗うつ薬の中で・・・

セロトニンに作用する薬よりも、
ノルアドレナリンに作用する薬の方が、
効果が出ていたので、トレドミンに期待です^^

また、
古いタイプの三環系・抗うつ薬
副作用がかなり出るので、
正直、長期間の服用が大変(>_<)


トレドミン(成分:ミルナシプラン)
の服用体験談は、また機会があれば、
お話したいと思います^^

少しだけ感想を言いますと、
やはり、ノルアドレナリンの濃度が増えると、
引きこもりなどに、効果が期待できるようです。


最後は、パキシルの断薬成功と、
本当に、今パキシルを断薬するべきか?

私なりに考えてみました♪

広告


パキシルの断薬は成功!まとめると…

今日の記事は、
いかがだったでしょうか。

私の経験では、パキシルの断薬は、
時間をかければ、ほとんど成功するハズ!

しかし、急げば「離脱症状」が
いつ襲ってきても、不思議ではありません…。

  • パキシルが効いていないのでは?
  • 症状が落ち着いたので薬をやめたい!

こんな時、断薬を考えますよね??

でも、パキシルを服用して、
「心・身体」が正常化してきた、とか

不安・緊張が強い場合には、
パキシルを断薬する時期ではないかも?


もしくは、他の抗うつ薬
変える事も考えた方がいいですね。

それと、離脱症状の予防に、
パキシルを減量しながら、
他の抗うつ薬を、新規で追加。

この方法を使う医師は多いですね!


パキシルを断薬するにしても、
他の抗うつ薬に変更する場合でも、

遅すぎじゃないの?
くらいが、ちょうどいいと思います。

焦らずに、長い目でみて
断薬をするのがいいと思います。


終わりです。
ありがとうございました。

広告