広告

アナフラニールを服用していますか…??

アナフラニールの効果と強さは?効果発現時間は?   このブ・ロ・グは知識をシェアするブログです♪

…推測ですが、「SSRI・SNRI」で、
効果が表れなかったのでは?

いかがでしょうか?

実は私、一般的な抗うつ薬は
ほぼ全て服用してきました。


広告

で、初めは「SSRI・SNRI」タイプの
抗うつ薬が処方されるのが普通ですよね?
※効果・副作用の関係で

でも、効果が表れない場合には、
以前よく使われていた、三環系・抗うつ薬
処方する医者は多いですね。


で、アナフラニール
三環系・抗うつ薬になります。


それで、

アナフラニールの効果は?」とか
強さは?」とか
効果発現時間?」とか

多くの疑問があると思います。

今回は、私自身の体験談ベース
お話ししたいと思います♪


では、さっそく行ってみましょう~♪

宜しくお願いします。

広告

アナフラニール!効果・強さ・効果発現時間は?


※抗うつ薬は、効き目・副作用などに
 個人差がとても激しいです。
 ですので、今回の私の服用体験談は
 1つの例として、参考になさって下さいね♪

私がアナフラニールを初めて服用
したのは、二十年近く前です。

当時の私の症状は↓↓

  • 無気力
  • 強い不安

この2つの症状が目立っていました。

で、通院を始めた訳です。

診察で、うつ状態(病)と判断され、
『アナフラニール(成分:クロミプラマイン)』
が処方されました。


今だからよく分かるのですが、
一般的な処方ですね。

●効果発現時間の参考!
1回目(スタート)
1日2回、朝・夕に25mg錠
これまた、一般的な処方量ですね^^

で、その日の夕方から、
アナフラニールの服用を開始しました。

数時間後・・・

  • だるい…
  • 頭がボォーとする

この様な症状が表れたんです^^;

当時私は、抗うつ薬は気分を持ち上げて、
意欲を出す作用がある。

と、知っていました(・∀・)

が、
頭がボォーとするだけで、
とても意欲を出す薬とは、
思えませんでした^^;
 

なんじゃこりゃ!?
と思いましたが、効果よりも副作用が
先に出るのが抗うつ薬!!


とも知っていたので、様子をみます。


幸い、ひどい副作用はありませんでしたが、
一般的な副作用は、すぐに出ました。

  • 便秘
  • 口の渇き

上記は一般的(抗コリン作用)な副作用だと、
知っていたので驚きはなかったです^^


う~ん・・・

アナフラニールを服用してから、
10日程経過・・・

相変わらず、頭がボォーとしています^^;

この時点で、「効果」は
表れてきません…(>_<)

●効果発現時間の参考!
2回目(2~4週)
再度病院へ足を運びます。

医師は、強い副作用がないことから、
もう少しアナフラニールを継続しましょう。

という訳で、薬が増量され、
「1日2回、朝・夕に25mg錠×2」
の倍に増えました。


なるほど!!

まだ、薬を変更するには早過ぎる!
と、医師は考えたのですね。

確かに抗うつ薬は、
チビチビ増やすメリットは少ないです。

副作用にさえ気をつければ、
一気に増やして効果をみる方が、
患者に合う薬が早くみつかります。

リラックスしている女性


で、処方されたアナフラニールを
服用していましたが、
全く意欲は湧かず「無気力」です・・・

しかし、頭がボォーとしていて、
私の症状の1つ「強い不安感」は
軽減している模様です。


何だか、微妙な薬だな^^;

まだ、4週間でしたので、
あと一歩だけ、様子をみようと
医師は考えていたのでしょう!!


すると、頭のボォーとする感じは、
弱くなってきたんです^^

やっと、効果が出てきたのかな?
と思い、期待していました。

●効果発現時間の参考!
3回目(4~6週)の受診の時には…

頭がボォーとする症状は、
かなり治まっていて

症状の1つ、「強い不安」が、
かなり軽くなっていたんです^^

で、その日の受診では、
アナフラニールの処方量は同じで
様子をみることに!!


確かに、少し時間はかかったけど、
強い不安感」の症状に対しては、
効果が出ていることは確かです(^^)

でも、もう1つの症状「無気力」に
対しては、全く効果が表れませんね。。。


アナフラニールは、脳内物質の1つ、
セロトニンの濃度を高めます。

その効果は抗うつ薬の中でも
強力なことで有名なんです。

しかし、「意欲」と関係が深いのは、
ノルアドレナリンになります。

アナフラニールって、
経口投与の場合は、肝臓での活性代謝産物が、
ノルアドレナリンに選択的に働きます。

なので、ノルアドレナリンにも、
きちんと作用することから、
「意欲を出す」効果もあるはずなんです。


しかし、私の「無気力」は、
一向に改善しないのですが…(>_<)


●効果発現時間の参考!
という訳で、
次の受診、4回目(6~8週)の時…

医師に「無気力」について…
全く効果が表れないと強く話しました。

すると、それでは
違う薬に変更してみましょう。

と、なりました!!
めでたし・めでたし(*^_^*)

効果が微妙な抗うつ薬を、
長い期間、服用していても
意味がないですからね^^;


私がアナフラニールを服用して感じた
効果・強さ・効果発現時間」をまとめると↓↓


[効果&強さは]

  • 個人差が激しく、評判とは効果が異なる結果だった

  • 強さは、薬が合うかor合わないかで決まる

  • 不安・緊張などには、効果が結構強かった

  • 意欲に関しては、全く効果なしだった


[効果発現時間]

一般的に言われるように、
私も、アナフラニールに特別感はなく
2~4週間で効果を感じました。

早い人は、1週間以内で効果が
表れることもあるようですね!


私の抗うつ薬服用経験では、
6~8週間で、何かしらの…

プラスの効果が感じられない場合は、
服用を続けても、
良い結果になりづらいと思っています。



広告

まとめ

お疲れ様でした。

今日の記事は、
いかがだったでしょうか。

現在でも処方例が多い、
アナフラニールですが、
効果・副作用共に個人差が激しいですね。


特に、三環系の抗うつ薬は、
効果より先に副作用が出やすい為、

この事を知らないと、
途中で服用を止めてしまう人もいます。


私の独断と偏見でアナフラニールの
強さを5段階で分けると、
1.5/5くらいですね^^;

↑↑「1.5」ですよ。。。


ちなみに、アモキサンは『5/5』の
パーフェクトでした^^

実際には、服用しないと
効果がどの程度・副作用がどれ位
なのか?…わからないのも事実です!!


今日は終わりになります。
ありがとうございました。

広告