広告

自宅でスムージー作りたいけど、どれがいいの??

スムージー


…こんな疑問で悩んでいませんか?

さてさて、ランキング第一位、どれだ~・・・
あなた、スムージー用のミキサー探していますね^^;


それでしたら私の記事がお役に立つと思います。

今回は自宅でスムージーを作るミキサーのおすすめランキングを、独断と偏見でドンドコと発表していきますね。


で、ですね、私は最近葉野菜を入れたグリーンスムージーにハマりすぎています。

そのため、正直ミキサーにはこだわりがあって詳しいワケですよ^^


凍らせた果物や野菜を使ったシャーベット状の飲み物スムージー・・・
この記事を書きながら、今日は何味にしようかな??…なんて考えています。


広告

スムージーミキサーのおすすめランキング


  • メーカーの特徴
  • 体験談や口コミ
  • 商品の詳細

これらを参考にランキングで順位を決めました!
あとは、「価格」も参考にしています。


それでは、さっそく【第5位】から発表していきますね。

広告

ランキング5位

Vitantonio ミニボトルブレンダー VBL-3


スムージーミキサー
「商品紹介」:http://www.vitantonio.jp/

特徴

ビタントニオは1999年に誕生。
ボトルのまま飲めるブレンダーなど、簡単便利に使えてキッチンに馴染むデザインをコンセプトにしている調理家電ブランド。

自分一人分には充分なサイズです。
大型なスムージミキサーは場所をとるし、どうしても作りすぎてしまっていたので、超コンパクトなミキサーが欲しかったところなので、満足しています。

お手入れも簡単で、何より注目すべきはそのコンパクトさです。
従来のミキサーならば保管場所にも気を配ると思いますが、このミキサーならば場所を考えずに保管できるところが良いですね。


おすすできない人

家族分を作る場合は適していません。
また、コンパクトな分、野菜などを入れるときになかなか苦戦します。

パワーもあまりないため、フードプロセッサーのような粉砕行為が出来ないため注意が必要です。


ランキング4位

Vitamix tnc 5200


ミキサー
「商品紹介」:
http://www.entresquare.com/

特徴

アメリカのクリーブランドに本社を置くブレンダーの専門メーカー。
80年の歴史を持ち体の内側からキレイ・健康をコンセプトに、全世界で圧倒的なシェアを誇っています。

パワーが文句なしも他製品を圧倒するため、野菜や果物の下処理をあまりせずに種・皮の栄養素の摂取も出来るので助かります。
vitamixでスムージを作ると、出来上がりがサラサラしてきめ細かいのもポイント高いです。


野菜や果物の下準備をあまりしなくて済むので、野菜・果物のもつ栄養素をまんべんなく摂取できます。
スムージ後もきめ細かいので飲みやすく、抵抗がある方にも無理なく飲めると思います。


おすすめの人

スムージーの下準備が面倒だった人や、使っているミキサーの力不足に悩まさせれている方にお勧めです。

しかし海外製ともあり、日本製の商品が良い方、金額に抵抗がある方にはあまりお勧めできません。



ランキング3位

ヒューロム スロージューサー H-AA


スムージーミキサー3つ目
「商品紹介」:
http://huromjapan.com/

特徴

野菜・果物が持つ自然の恵みが一番の栄養であり、最も効率的に摂取するために世界で初めてスロージューサーを発表。

40年以上の実績と世界85か国に広がる。
コンセプトは「1杯のジュースで人々を健康にしたい」

以前のジューサーより量は少なく感じますが、汁が分離せず少しドロドロとした感触で味が濃厚です。

また、凍らせた果実で無添加・無香料のフローズンデザートが作れるので、シャーベット状を手軽に出来るのがとても良い。


スロージューサーなので音もあまり気にしなく済み、回転スピードが遅いため、無駄に泡立つこともなく最初の一口から楽しめるジューサー。

また、前製品であるH2Hの後継機として誕生したので、持ちやすさなどのミキサー性能以外でも主婦の方でも更に扱いやすくなっています。


おすすめの人

食材の残り部分を半透明の投入口から確認できて、お子様のいる方ならばお子様と一緒に楽しんで作ることもできます。

今まで使っていたミキサーの音が大きいと感じていた人には試してほしいミキサーです。

とても良い商品ですが、金額が他のミキサーよりも高額なので長く愛用できる方にはおすすめですね。


ランキング2位

パナソニック MX-X300-K


ミキサー4つ目
「商品紹介」:http://panasonic.jp/

特徴

言わずとしれた日本を代表する家電メーカー。
電化製品全般を扱い、日本人であるならば一度は必ず聞いたことのある会社。


氷も問題なく粉砕でき、葉物もまろやかに仕上がりました。
洗浄しやすく、音もそれほど気になりません。

海外製に不安があったので、こちらの商品を買いました!
この選択は正解でした。


海外製の商品に抵抗がある方には間違いなくコレだと思います。
また、金額も他の高性能ミキサーに比べて安く、お買い求めしやすい商品です。


おすすめの人

海外製の商品で抵抗がある方やミキサーに高価な金額は出せない方などに特におすすめできる商品です。

野菜などをミキサーしたときに、すこし粒子が残るのですが、それが気にならない方にはオススメします。




さてさて、第2位までドカドカと発表してきましたが、気になるのはあったでしょうか?

それでは、栄えある第1位(テッパン)を発表しますのでメモの準備をお願いしますね~^^


ランキング1位

TESCOM ジュースミキサー TM8100

特徴

創業50年以上の日本の家電メーカー。

1965年の創業より、主に女性をターゲットに幅広い商品を開発。
コンセプトは「キレイをつくる会社」


容量が大きいため、フルーツの量で味や濃さの調整がしやすいです。

繊維はやや残っている気もしますが、私は気にならないので機能的には充分です。

野菜や果物の下準備(大きなものは刻んで入れる等)が必要なのですが、氷もガンガン砕いてくれて1年以上重宝しています。
お手入れが簡単で、初めて使う私でもできました!


金額自体が高価なものに比べ比較的手に入れやすいので、お試しでやる分には充分すぎる商品です。

このミキサーを出発とし、ミキサーライフを初めて下さい。


おすすめの人

ミキサー後の粒子は多少残ってしまうものの、値段、お手入れ、デザインともにどれも優れています。

ミキサー初めての購入で悩んでいる方はこれにしておけば問題なく思います。
重量が少しだけ重くなっていますので、その点だけご注意してください。


終わりに…

今回は最近流行りのスムージー用のミキサーを独断と偏見でランキングにして発表してきました。


特に『第一位のミキサー』は、パワーもあるので一押しですよ^^

もちろんですが、ランクインしている商品はどれも機能性が高いです。

ライフスタイルや好みで選んで頂ければ幸いです♪


最後までお読みいただいてありがとうございました。

広告