広告

また風邪かよ・・・


…こんな経験ありませんか?

もしかして図星ですか!?


それでしたら、風邪と交際を始めて40年、体の1/4は風邪薬で出来ている私の記事がお役に立つと思います。

風邪薬の成分を1つ1つ比較して、さらに自分の体を実験台にした最強の風邪薬ランキングを発表します!!


私の専門分野は向精神薬なのですが、頻繁に風邪を引く体質なので自然と風邪薬(処方薬と市販薬)に詳しくなりました^^;


では、達人が選ぶ市販の風邪薬ランキング始めます。
これであなたも達人の仲間入りですね♪

よろしくです。


広告

基礎知識

病院で処方される風邪薬と市販で購入できる風邪薬の違いを簡単に説明しますね。


市販の風邪薬は『総合感冒薬』として販売されています。

これは、字のごとく多くの症状をカバーできるようにバランスよく有効成分を含有しています。


で、市販の風邪薬は基本的に病院の処方薬と比べると効き目が弱い傾向があるんですね。

市販で販売されているので、誰が服用するのか?…これがハッキリとしていないので効き目が抑えられているんです。


そして、病院の処方箋ではあなたの症状に合わせて風邪薬が選ばれます。

例えば、咳には咳に効く薬で、熱なら熱に対して効く薬を処方されます。


だから、あなたの症状にとって余分な有効成分を含まないピンポイント処方になります。

と、病院の処方薬の知識はこれでバッチリですね。


風邪薬の有効成分を紹介

市販の風邪薬は総合感冒薬なので、多くの症状に対して緩和する働きがあります。


中でも多い症状として

  • 喉の炎症
  • 鼻水(鼻づまり)
  • 頭痛
  • 関節の痛み

多くの風邪薬は上記の緩和が見込めます。


私はこれらの症状と付き合いが長いわけですね^^;

最近は風邪引かないなぁ~、なんて話をしていると「次の日ヤツがやって来ます」。


で、成分をみて行きましょうか!!

ポイントになる成分には一言説明があります。



熱を下げる(解熱作用)

  • イブプロフェン
  • アセトアミノフェン
  • エテンザミド


アセトアミノフェンは痛みを知らせる物質を抑制します。

が、その効果は弱いです。


脳にだけ作用し、体の各部位に作用しないので胃障害の副作用はないと思われます。

アセトアミノフェンにエテンザミドを加えると効果が高まるので、それを狙って風邪薬にしていることが多いですね。



(鎮咳作用)

  • リン酸ジヒドロコデイン
  • dl-メチルエフェドリン塩酸塩


上記の2つの成分は摂取し過ぎると、場合によってはふわふわ状態になるので注意が必要ですよ^^;



喉の炎症

  • イブプロフェン
  • トラネキサム酸


イブプロフェンは「非ステロイド抗炎症薬(NSAID)」に分類され、解熱、鎮痛、消炎作用にバランスよく効果が見込め副作用は少ないとされています。

トラネキサム酸は「必須アミノ酸リシン」を人口合成したアミノ酸の1つですね。

炎症を引き起こす酵素「プラスミン」を抑制して、喉の炎症や口内炎の治療薬など幅広く使われます。



鼻水(鼻づまり)

  • クロルフェニラミン
  • マレイン酸塩
  • フマル酸クレマスチン
  • マレイン酸カルビノキサミン


これらは定番の成分ですね。


液体を霧状にして鼻に入れてスプレーするタイプのお薬も、これらの成分をいくつか含んでいます。

個人的には、鼻の症状だけでしたらスプレー式の方が即効性もあり好きです。



鎮痛(頭痛や喉の痛みなど)

  • アセトアミノフェン


発熱や頭痛などの症状を抑える解熱剤、鎮痛剤ですね。

一般的に使われる成分であり副作用は少ないとされています。


定番中のテッパン成分です!

では私の体験談と有効成分による、よく効くおすすめ市販薬ランキング『best3』発進します。


市販薬でよく効く風邪薬ランキング「best3」


お待たせしました。

さあ、驚きなさいよ~!!(フリーザ!?)

広告

ランキング第3位 第3位 カイゲン感冒錠


カイゲン感冒錠 50錠
引用元:amazon


【指定第2類医薬品】
「カイゲンファーマ株式会社」
参考価格:amazonで1359円前後/50錠
大人(15歳以上):1日3回、1回3錠

熱 ★★★★★
咳 ★★★★
喉 ★★★
鼻水★★★★★
鎮痛★★★


この「カイゲン感冒錠」が特化している症状は、ずばり「鼻の症状」ですね。

「咳」に対しても有効成分が3つ入っていて、リピーターが多いとドラックストアで働く友人の薬剤師も言っていましたよ。


錠剤で飲みやすく僕も一時期連続で購入をしていましたね^^;

風邪をこじらせると痰がつまる感じがして、かなり不快感があるのですが、そんなあなたは試す価値がありそうですね。


■風邪の症状を緩和する有効成分比較では↓

  • パブロンエース顆粒
  • ペラックコールドTM顆粒

上記の2つも優秀です。

が、個人的には「カイゲン感冒錠」が私には合っていたようです。


ランキング第2位 第2位 コルゲンコーワIB錠TX


コルゲンコーワIB錠TX 45錠 ×2
引用元:amazon


【指定第2類医薬品】
「Kowa」
参考価格:2800円前後/45錠✕2(amazonが安い)
大人(15歳以上):1日3回、1回3錠

熱 ★★★★★
咳 ★★★★
喉 ★★★★★
鼻水★★
鎮痛★★★★★


この「コルゲンコーワIB錠TX」は、総合的に有効成分の含有量が多いのが特徴ですね。

特化されている症状は、ずばり「鼻の症状」ですね。


「咳」に対しても有効成分が3つ入っていて、リピーターも多いとドラックストアで働く友人の薬剤がも言っていました。


■炎症を効果的に抑えるとされる↓

「トラネキサム酸」
「イブプロフェン」
「無水カフェイン」


これらをブレンドし、相互作用により働きを高めた万能な風邪薬です。

飲んでも「あれ?風邪薬、お昼は飲んだっけ?!」という、あまり風邪薬としては価値の無い商品と比べると、その違いが分かると思います。


そもそも、飲んだか?どうかを忘れる程度の力では服用する意味がないとも言えますよね?

かわいいオレンジ色でラムネのような錠剤ですが、こいつはこれから紹介する第1位と「タイマン」勝負できる戦闘力を持っています。


個人差はあると思いますが、この風邪薬で効果が期待できなければ病院をおすすめします。ほんと。


ランキング第1位 第1位 ルルアタックEX


ルルアタック EXの動画を発見!!
これで間違わずに購入できますね。

【指定第2類医薬品】
「第一三共ヘルスケア」
参考価格:2000円前後/24錠
大人(15歳以上):1日3回、1回2錠

熱 ★★★★★
咳 ★★★★
喉 ★★★★★
鼻水★★★★
鎮痛★★★★★


私が現在お気に入りの風邪薬が、この「ルルアタックEX」となります。

私が風邪を少しでも早く治したいと想い、探したところ有効成分の含有量が最強のコイツに出会いました。


ドラックストアでは、1人コツコツと有効成分を1つ1つ比較していたんですよ。


後になって、友人の薬剤師に「ルルアタックEX」のことを聞くと、そうなの?…という返事。

コイツ大丈夫かな^^;…と思いつつ、友人が「有効成分」を確認。


凄いねコレ!!

という返事をいただきました。


実はですね、既に私はこの「ルルアタックEX」は服用経験があったんです。

でも、18錠タイプを購入して3日間の服用でしたので自信がなかったのです。


成分もチェックして、やはり現時点では最高に効果的な風邪薬と言えそうですね。

咳に対してだけ多少弱いですが、「熱、咳、鼻、喉、痛み」などに対しての緩和作用は第1位だと思います。


ありがとう「ルルアタックEX」!!

初めは「ルルシリーズか?」…と舐めた考えで手に取ったのは内緒だ。

ルルシリーズの風邪薬は数種類ありますが、それぞれ得意分野(症状)があり、また有効成分含有量も違うので注意してね♪


で、この風邪薬で症状が緩和されない場合は、わかりますよね??

【行くんじゃー!!】

・・・と、稲中の前野君バリの主語のない答えでしたね。


答えは病院に行くということです。お忘れにならないように。

広告


まとめ

今回は私の体験談と有効成分からよく効くおすすめの風邪薬ランキングをご紹介しました。


いかがだったでしょうか。

風邪薬は非常に数が多いですよね??

そんな時に悩むのが、効くのか??…ですよね。


次に悩むのが値段です。

今回の風邪薬ランキングは、風邪を引きやすい僕が実験台になっていますので、信頼性は高いと思います。


もしかして、あなた・・・いつも同じ風邪薬で、しかもビンに入っているという理由で選んでいませんか?

そうでしたら、今回の記事をぜひ参考にしてくださいね。


それでは、最後までどうもありがとうございました。

広告