広告

カラオケで低音が出せない女性ですか??

女性がカラオケで低音を出す練習中


…ずばり、あなた、そうですね^^;

低音というのは、無理に出そうとしても、なかなか出せるものではないですよね?

でしたら私の記事がお役に立つかもですよ♬


そこで今回は、「女性がカラオケで低音を出すコツと練習方法」について、バンドマンである私が詳しくまとめました。

ぜひ参考にして下さいね^^


さっそく、みて行きましょう~♪

最後までよろしくお願いします。


広告

初めに!!

女性が男性の歌をうたおうとすると、低音が出せないという人は多いです。


この傾向は、音域が狭い方や高音が得意な方に多いです。


例えば、私の好きなアーティストの『ラルク』でしたら↓

  • Driver’s High
  • snow drop
  • Blame


これらの曲の低音は、女性にはかなり出しにくいはずです。
※著作権の関係で動画は載せていません。


もしも、ラルクの曲に興味がありましたら、ぜひ一度、上に挙げた曲を聴いてみてくださいね。

低音部分はきっと出せないと思いますヽ(`Д´#)ノ


練習で低音はある程度出せる!

低音の出し方のコツをこれから紹介していきますが、練習により、低音をある程度まで出すことができます。


そうです!

カラオケであなたが低音を出すことは、無理ではないんですね!!


でもですね、あまりにも低い低音の場合は、あなた自身の体による部分も大きいのは事実です。


体は楽器ですので、練習で鍛えることは可能ですが、限界というものがあることもご理解ください…。


カラオケで低音を出すコツと練習方法


カラオケで低音が出せない女性は↓↓

  1. 低音そのものが出ない
  2. 低音で歌うと声が小さい
  3. 低音で歌うと息が続かない


主にこれらのタイプに分かれます。


説明していきますね。

  1. 低音で歌うと声が小さい
  2. 低音で歌うと息が続かない


この2つの場合は、「腹式呼吸」をきちんと練習すると改善する可能性がありますよ。


声が小さかったり、息が続かないということは、そもそも息を適切な量吸い込んでいないことが多いですので^^;

なので、リラックスした状態で息を吸い込む時に、大きく、お腹が膨らむようにしましょう。


■コツは↓

  • 息を吸い込んだ時に肩が上がらないようにする
  • 息を吸うときにお腹の横の部分も膨らませる感じ

これで腹式呼吸ができます。


緊張や癖で、肩が上がってしまう人は、「胸式呼吸」になっています。

なので、リラックスをして『肩が上がらない・お腹の横が膨らむ』を意識して行きましょうね!!


これをくり返し練習して、歌をうたうときにも意識しながら数をこなせば、きっと、この2つの問題は軽減するハズ♪


では、1番多いと思われるタイプの↓

「1. 低音そのものが出ない」

これについてご説明していきますね。


このタイプの女性の方は、カラオケで低音を出そうとすると、声にならない場合がほとんどです。


では、低音の出し方の練習方法をみて行きましょう~^^

  1. 耳栓を軽く装着する
  2. 低音を出す練習のときは胸に手を当てておく
    (片手でもOK)
  3. 低音の曲をハミングで歌ってみる
    (※胸に当てた手に声を響かせるように意識すること!)


「1」の、耳栓をする理由は、自分の低音の声がよく聞こえることと、音程が取りやすくなる効果があります。

「2」の、胸に手を当てる理由は、低音は胸の胸骨に響かせる感じで出すと上手くいくからなんです。


実際に私も、「GACKTやhyde」の超低音の曲を歌うときには、胸の胸骨に響かせるように声を出していますヽ(´∀`)ノ


で、ハミングですが、歌では声が出なくても、ハミングでしたら音域も広がります。

これは低音に対しても有効ですので、ハミングでしたら歌える可能性は十分あるんです。


この「3ステップ」をくり返して、低音の出し方のコツと、低音が出せるを作って行きましょう~♪

広告

自宅で低音の出し方を練習


自宅でも低音の出し方を練習できますので、ぜひ取り入れてみてください。

  1. 耳栓を軽く装着する
  2. 低音を出す練習のときは胸に手を当てておく
    (片手でもOK)
  3. 1秒間に2回『ンー』を低音でハミングします
  4. どんどん低音を低くしてハミングしてみましょう
  5. 出せる低音の限界まで続けます
  6. 「5」の少し上の高さの声でハミングを繰り返す


以上の練習をしていくと、自分の低音の限界を知ることができます。

また、限界周辺の低音を出す頻度を増やすことで、楽器である体を鍛えることもできるワケですね。



確かに、始めは少し難しいと感じるかもしれません。。。

ですが、人がいない場所でしたら、いつでも低音の出し方の練習ができますので、ぜひやってみてね^^


前の章と、この章を上から順に練習していけば、個人差はありますが、きっと、低音の出し方のコツや楽器の体を鍛えることができますよ。


あとは、自分の好きな歌手の歌で練習するといいですね。
すると、練習も楽しんでやれると思います(*^_^*)


■個人的に参考になる低音の曲を1つ動画でご紹介します。
サビ以外の部分を参考にしてみてください♪

『GACKT「Last Song」』


いかがでしたか??
低いですよね^^;

なので、低音の出し方の練習あるのみです!!


★カラオケでの高音の出し方についての記事もあります♪
カラオケでの高音の出し方!コツと練習方法は?動画もあり!


終わりに…

今回の記事では、「カラオケで女性が低音を出す方法」について詳しくお話をしてきました。

いかがだったでしょうか。


私も以前は、普通の低音でしたら出せたのですが、超・低音になると、声も小さくなり、何を言っているのか??わからない時期がありました。


しかし、いろいろと試行錯誤をしながら、バンドの練習をしていたら、超・低音でもきちんと発音できて、聴き取れる「声」を出せるようになりました。


なので、女性の方でも諦めないで、低音の出し方の練習をしていけば、きっと効果があると思いますよ。

カッコイイ低音の曲を歌えるように頑張りましょう~♪

広告