広告

野菜の葉がしなびてしまったけど、
みずみずしく復活させる方法ってあるの??



…こんな疑問はありませんか?


私にはありましたヽ(`Д´#)ノ

で、いろいろと試行錯誤して試したところ、いい方法をみつけたんです(b^ー゜)!!


そこで今回は、マジで効果が期待できる「野菜の葉の水分を復活」させる方法を、みなさんにこっそりとお話しますね。


シャキシャキ感が、100%戻るというワケではありませんが、ご紹介する方法を使えば、ある程度は野菜の葉がみずみずしくなります。


やり方は簡単ですので、ぜひ試してみてくださいね。


さっそくみて行きましょう~♪

よろしくお願いします。


広告

しなびた野菜の葉に水分を戻す方法!

これから、しなびてしまった野菜の葉に水分を与えて、元気を取り戻す方法をご紹介します。

葉物野菜でしたらほとんどの野菜に使えますので、この方法を覚えてシャキシャキした野菜の葉を目指しましょう!


それでは、3ステップをご覧になって下さいね^^


ステップ.1:「50度前後のお湯」に浸ける


★まずは、この動画をご覧になって下さい♪
ヘナったレタスや葉もの野菜をシャキシャキに復活させる方法

動画では「レタス」が紹介されていますが、

  • 小松菜
  • チンゲン菜
  • 白菜
  • 他にもしなびた野菜の葉


以上のような「葉もの野菜」でしたら、幅広く使える技です。


では、方法をご紹介しますね!!


①野菜が水分をよく吸収できるように、レタスなどはザックリと半分に切るといいです。

②大きめのボールなどに、お湯(50℃前後)を多めに入れます。
50℃のお湯は、100℃で沸騰したお湯と水道水を「1:1」で混ぜれば作れます^^

③レタスを、②で作ったお湯に2分くらい浸します


いかがだったでしょうか?

簡単ですよね^^


なぜ、お湯に浸すのが良いのか?

これは単純に、水よりもお湯の方が水分を吸収しやすいからです。

また、この方法はレタスの変色も防ぐこともできます。


これは、切った部分を酸性にすることで、野菜が自身の身を守るための反応なんです。


ここまでが、「ステップ.1」となります。


大抵の人は、この「ステップ.1」のみですが、これから紹介する2ステップを合わせ使うと効果が増しますので参考にして下さい!!


「ステップ.2」に進む前に、野菜の水分はしっかりと切っておきます♪

広告

ステップ.2:「お酢と砂糖」を入れた水に浸ける

「ステップ.2」の手順を説明しますね。


①水500mlに、お酢と砂糖を「大さじ1(やや多め)」入れます。
※入れ物は、前の章で使ったボールのお湯を捨てて使います。

②しなびた野菜の葉やレタスを、①に浸します。
時間は、10~20分程度です。


この「ステップ.2」を実行すると、野菜の葉やレタスなどが、本当にみずみずしくシャキッとしてきますよ!


  • 砂糖水…水分の吸収を促進します
  • お酢…抗菌作用と野菜の鮮度を復活させます。
    また、野菜のビタミンCが抜けるのを防止します


ちなみにですが、私は「大根の葉」を食べる時によく使っていますよ^^


次は最後の、「ステップ.3」です♪

ステップ.3:食べる直前に「短時間氷水」に浸す

①葉物野菜を、「ステップ.2」まで終えましたら、最後に「短時間氷水」に浸します。


この、「ステップ.3」をすることで、お酢と砂糖の匂いや味が取れるのと、氷水につけることで、よりシャキッとした野菜の葉になります。


「ステップ.1&2」で、十分、葉物野菜に水分は浸透していますので、この「ステップ.3」では、氷水の温度で野菜が冷えたら終わりにします。

コツは「短時間」ということです!!


長時間氷水に浸すと、風味や栄養を失いやすいので、食べる直前にこの「ステップ.3」を行って下さいね^^


しなびた野菜の葉の水分が復活

終わりに…

今回は、野菜の葉のしなびた状態を改善する簡単3ステップをご紹介しました。

いかがだったでしょうか?


1つ1つは知っていても、この3ステップは知らない人も多いと思います。

でも、簡単に野菜の葉に水分を与えて元気にしてくれますので、試してみて下さい!


まとめますと、

  1. 50℃前後のお湯に浸ける
  2. お酢と砂糖を入れた水に浸ける
  3. 食べる直前に「氷水」に浸ける(超短時間)

このようになります。


野菜の葉がシャキシャキに生まれ変わった様は、見ていて気分がいですよ~♪


ぜひ、試してみてくださいね!!

広告