広告

バレンタインでは振られました。
でも、諦められない・・・

ホワイトデーに、
もう一度告白しても大丈夫??



…気になりませか?


広告

正直に言いますねぇ~

コレは、『あり!』です。


本当に嫌いな女子以外なら、
男子は告白を何度されても嬉しいです^^

本当に嫌いなら、
あなたを避けますし、近づきませんので、
学校生活やメール・LINEで気づきます^^;


という訳で今回は、

ホワイトデーに女子が告白していいの?

この疑問について、
知り合いの女子の体験談を元に
詳しくまとめました。


もし、ホワイトデーに告白しようと
考えている女子がいましたら、

コレはもう読むしかありませんね☆彡


では、よろしくお願いします。


私の知り合いの女子はこんな人!

私の知り合いである女子を、
(※以下=久美子さん
として、お話をしますね!


私の知り合いの久美子さんは、
普通の女子高校生なんですよ。


性格とルックスはどんな感じか?

性格は、初めは人見知りをするけれど、
仲良くなると面白い話をする人ですね。

性格の良さで言えば、久美子さんは
かなりいい線なのでは?と、思います。


また、特徴的なのは、
久美子さんを嫌いな男子は少ないみたい!
(※久美子さんの友人談)

学校ではクラスに、
女子が20人弱いました。


で、久美子さんの「ルックス」は、
普通より少し上(?)みたいです♪


久美子さんが好きな男子はどんな人?

クラスの人気者で、
他の女子からも好かれていたみたい!

久美子さんと好きな男子の関係は、
仲の良い友達だったと言っていました^^


また、当時、久美子さんが
好きだった男子には
好きな人がいなかったみたいです。

で、その男子を好きになってから、
約1年3ヶ月目がちょうど
バレンタインだったんです。


☆彡つづく・・・

ホワイトデーを待つ女子高校生

知り合いの体験談!ホワイトデーに女子が告白?

結論から先にお話しますね!!


久美子さんはホワイトデーに
好きな男子へ告白をして、

最終的には『付き合う』事になりました^^


なぜ、女子の久美子さんがホワイトデーに
告白をして彼氏をGETできたのか??

これには、山あり谷ありだったみたいです!!


でも、久美子さんには「作戦」があって、
結果として大逆転に成功したんだって^^


★それでは、大逆転の道のりを
お話していきますね~♪

バレンタインに告白したのか?

久美子さんはバレンタインに
好きな男子に告白をしました。

で、その好きな男子の返事は、
ゴメン…」だったんです…。


もちろん、曖昧な告白ではなく、

本命チョコにメッセージカードを添えて、
言葉で好きだと告白をしたんだって^^;

まぁ~、よくある展開ですかね!?


しかし、ここで諦めないのが
久美子さんの強みだったんです (^^)

久美子さんは、ひどく凹んでいたようですが、
今後のことを前向きに考えて、行動しました。


★久美子さんが大逆転を成功させた
作戦について、次の章でお話しますね♪

広告

バレンタインで振られてからの作戦!!

とにかく私が聞いた話では、
久美子さんの意気込みが凄かったこと!


確かに、バレンタインとはいえ、
なかなか恥ずかしくて…

好きな男子に本命チョコを
渡せない人も多いと思います^^;


そして、私が1番おどろいたのが、
決して諦めない心を持っていたコト。


バレンタインがダメだったから、
は、どうやって攻めようか??

これを、前向きに考えていたのが、
成功した理由の1つでしょう!!


んで、久美子さんはバレンタインで
「ゴメン」と言われましたが…

学校では挨拶や、話せる時には
積極的に好きな男子と会話をするという、
強気の行動を起こしたみたいですよ!!


また、自宅に帰ると、
軽い感じで、メール・LINEを使い
些細な内容を每日送っていたんです。


当然、久美子さんが「振られた話題」には、
触れないように注意していたみたい^^;


なので、メール・LINEでのやり取りは
ごく自然なものだったと本人は言いました。


実は、コレも久美子さんに、
考えがあったんです~!

もし、好きな男子が、
私のことを本当に嫌いなら、
メール・LINEで返信をしないはず!!

と、思っていたんですねー!(*^_^*)


いやぁ~、よく考えましたね、
ほんと、その通りだと思います。


普通は、男女問わず嫌いな人がしつこく
連絡してきたら無視しちゃいますよね?

これは、久美子さんが考えたのですが、
3/11~3/12の2日間」は、
メール・LINEなどを送らない作戦を実行。


さらに、この2日間は、
学校では普通に接しますが…

久美子さんからは積極的に
好きな男子に絡まないようにしたんだって!


もし、この段階で、
久美子さんの好きな男子が
何もリアクションしなければ…

さすがに諦める必要が
あると覚悟はしていたみたいです!

しか~し、久美子さんの作戦はヒット^^


好きな男子から、

『おぉ~い、俺、何か変なこと言ったかな(?)』

と、好きな男子からメールがきたそうですよ!


そうです、好きな男子は↓

「あれ?」とか
「避けられている?」とか
「久美子に何かしたかな?」など


この様な疑問というか
寂しさを感じていたみたいですね~。


( ̄― ̄)ニヤリ・・・久美子の好きな男子は
かなりのダメージを負っていると、
思ったのがこの瞬間だったみたい。


ホワイトデーの前日(3/13)は、

自宅に帰ると、メール・LINEで
以下のように連絡をしたみたいです^^

 ↓↓

軽い感じで、

あっ、明日はホワイトデーなんだ!!


でも、○○君は、
きっとお返しはなしだね!

と、ストレートではなく、
ジャブで相手の男子に攻撃 (^^♪


そして、メール・LINEで最後に、

○○君は、お返しをする人?
もしくは、お返しをしない人?



どっちのタイプなの…??

こんな感じで、
ホワイトデーの前日にさり気なく
女子が連絡するのは「アリ」ですね。


んで、

「期待はしてないけれど、
お返しをくれたら喜びます^^」

と、伝えたと言っていました (*´∀`)!


振られた女子がホワイトデーに再度告白♪

ホワイトデーの当日がやってきます。

そこで、久美子さんは好きな男子を、
避けている感じを演出したんです。


で、ココはけっこう勇気というか、
テクニックが必要だと思いますが、

  • 寂しかった?
  • 避けられていると思った?


なんて事を、
好きな男子に聞いてみたんだって^^


さらに、

  • あれぇ~、もしかして図星かな?とか
  • ふぅ~ん、心配してくれたんだ~!など


と冗談らしく、
話を盛り上げる作戦も実行!


そんで、好きな男子から
ホワイトデーにお返しを渡されたら、

攻めまくります!!


もし、ホワイトデーにお返しを
渡されなかったら、久美子さんは
諦めるつもりだったんだって^^;

でも、お返しをしてくれた!


攻めます!!

ゴメンネ、しつこくて・・・。
でもね、私、○○君を諦められないんだ^^;

こんなバカな女子は、
きっと○○君嫌いだと思うけど、
もう一度だけ告白させて下さい。


「○○君が、好きです!」
「私、他の人じゃダメなんです…」



続いて…、本当に迷惑でしたら、
私(久美子さん)が、

もう頑張れなくなるように
強く振って下さい。

本音は、絶対に言われたくないけれど・・・。

と、言ったんです (*´∀`)


いやぁ~、ここまで攻めるなんて、
私は本当に凄いと思いました!!



ホワイトデーに告白予定の女子高校生



大逆転が起きた!!

ホワイトデーのお返しのときに、
好きな男子は、
以下のように言ってくれたんだって!


実は、バレンタインで「ゴメン・・・」と
言ったけれど、正直気にはなっていたんだ。


あれ以降も普通に、いや、今まで以上に、

良い友達として接してくれたのが
好きな男子は嬉しかったみたいです^^


そして、今の段階では久美子を好きとは、
ハッキリ言えないけれど意識はしています。


軽い気持ちで、「付き合おうか!」なんて、
言えないけど、久美子さえ良ければ、
もっと仲の良い友達になってくれないかな?



☆彡…久美子の勝ち!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


で、その後、久美子さんは、
約1ヶ月後に好きな男子と
付き合うことになっちゃいました♪


確かに、が味方した部分もあります。

でも、女子がバレンタインで振られても、
ホワイトデーに再度告白して
成功することもあるんですねぇ~!!


しかも、付き合おうと言ったのは
好きな男子の方からだったのは驚きです^^


やはり、男は告白をされると
その人を嫌いでない限り、
多少は意識してしまうんです。


ホワイトデーで大逆転に成功した
女子(久美子)は、まさに作戦通り (^^♪


まとめ

お疲れ様でした!(*´∀`)

今日の記事は、
いかがだったでしょうか。


やっぱり、男子にとって告白は、
非常に嬉しい事なんですねぇ~♪


今回は、女子の久美子さんが
積極的に作戦を考えて攻めました。


私には、ここまでは無理・・・。

と、決めつけずに、
頑張らないで後悔するよりも…

精一杯、できる事を頑張ってみて、
結果、ダメなら悔いはないですよね!


そこの、女子!!

男子の頭はけっこう単純ですよ。
根性があれば可能性は十分あるかも!?


ホワイトデーを賢く利用して、
大逆転を狙いましょう^^♪

広告