広告

ジプレキサの効果とはどんなものか…??


…知りたくないですか?

実は私もジプレキサ(成分:オランザピン)
服用経験があります。


広告

そこで今回は体験談で、

ジプレキサの効果!!」

これについて詳しくお話しますね。


んで、私がジプレキサを処方されたのは、


  • 気分がもの凄く高ぶる(躁状態)
  • 気分が沈んでうつ状態になる
  • 不眠で一般的な睡眠薬が効きづらい

この上記3つの症状があったからです。


ちなみに、私は一般的に外来の患者さんに、
処方される精神薬はほとんど体験済み

ジプレキサと同ジャンルの薬も、
今までに、数多く試してきました!


ですので、1つ1つの薬の特徴を詳細に
理解しているので、当然薬の比較もできますし、

ましてや、自分の服用歴の長い薬に関しては、
徹底的に調べてきましたので…

気づいたら、精神薬のスペシャリストと、
言っても過言ではないほどの、
あまり嬉しくない自慢があります^^;


それでは、ジプレキサについて、
お話を始めたいと思います♪


よろしくお願いします。

★まずは、私の体験談から紹介します。
その後で「ジプレキサの説明」をしますね。


体験談!ジプレキサの効果は?


※次の章でジプレキサの説明はありますが、
 読み進めやすいように、軽く説明させて下さい

ジプレキサとは、主に統合失調症・双極性障害の
患者さん処方される”強力な精神安定剤”です。

効果は、気分の高揚を抑え意欲を出す薬です。


本来は、睡眠薬ではないのですが、
強力な安定剤なので、応用され、
睡眠薬として、使うことも可能です。


それでは、実際にどのような効果が期待できるのか?
私が、実際に服用した感想をお伝えしていきますね。


  • 眠い
  • だるい
  • 頭がボォーとなる


目立ったのはこの3つの症状です^^;


私は新しい薬を処方された場合、
出来るだけ効果を確かめるために…

薬を服用してから、すぐには寝ないで、
しばらくの間、起きています。

これは、寝てしまうと

どのような効果があるのか?あったのか??

分からなくなるので、

就寝時の薬だとしても服用後
ある程度の時間は起きています。


で、私の場合ジプレキサは
就寝時の処方でしたが、
寝る準備をして寝ないようにして実験します^^;


処方された薬の量は、
10mg錠を1つでした。

てか、普通は5mg錠から
始める方がいいと思うのですが…^^;

まぁ、それは置いといて。


ジプレキサを服用して効果が出てきました!

「眠い」・・・

この症状は服用始めの頃に、
とても強く体感しました。


私は、一般的な睡眠薬で、
なかなか眠れなかったのですが…

ジプレキサの効果で、
ぐっすりと寝れたんです。



正確には、「落ちていた(?)」感じです。


「ジプレキサ・・・」

さすが、強力な安定剤!!
恐るべしですねぇ~。


当時の私はその他にも就寝前には、
以下の種類の薬を服用してたんです。


  • 2種類の睡眠薬
  • 1種類の抗不安薬


しかしジプレキサは、上に挙げた
睡眠薬抗不安薬とは違い、
強制的に眠気が襲ってくる感じだったんです。


けれども、ジプレキサを連日服用していると、
薬の効果に体が慣れてきてきます。

すると、強い眠気は少し弱くなります。


また、「日中のだるさ」の症状も、

服用始めは強く出たのですが、
2週間程度で私は慣れましたよ (・ω<)


さらに、「頭がボォーとする」

この症状も、眠気やだるさと同様に、
2週間程度で軽くなりました。


ちょっと副作用関連
話になってしまいましたね^^;


んで、ここまでの結論だと、ジプレキサは、

「睡眠薬代わりにも使える事は確か。」

と言えそうですね。
私の強固な不眠に有効でしたので!!


薬が体に慣れてきますが効果は、
ある程度までしか下がらないのがすごい。

広告


ジプレキサの鎮静効果について!

私は「気分がもの凄く上がる」
ときがあったんです。

そう、テンションが上がり過ぎてしまうんです。

すると「キレやすい、不眠不休」の症状が出たり、

頭で細かいことが気になると、
その作業に没頭してしまいます。。。

躁状態ですね(*´Д`)


寝なくても、
あまり疲れを感じませんので。

ですが、この状態を正常なレベルにまで
下げることを「ジプレキサ」は可能にします。


私の服用体験ですと、
ジプレキサは即効性もあります。

なので、気分が高揚し過ぎる症状は、
2~3日で治まったんですよ。


この作用は、
「統合失調症の幻覚や妄想」にも
有効とされています。

というよりも、むしろこの状態を
改善するための薬として作られています。


で、結論は、双極性障害(躁うつ病)の
テンションが上がり過ぎた脳を
抑える効果がけっこう強いということ!!


だだ、ジプレキサの服用で、
脳が落ち着くのは良いのですが、

私は「うつ状態」になるのです^^;


本来、ジプレキサは↓

  • 統合失調症の陰性状態
  • 双極性障害のうつ状態


に、効果が期待できる薬とされます。


しかし、そうはいかないのが、
精神薬の難しいところです!!


ジプレキサの効果は確かに実感しましたが、

興奮状態を抑える力のほうに、
強く作用する印象で「私もそうでした!」


したがって、「無気力・無関心」の症状には、
あまり良い効果は期待できないかもです!?


これが、私がジプレキサを
服用した正直な感想です!


しかし、『無気力・うつ状態』に
効果が出る人もいるようですね♪

しかしそれは、
少数派の人だと思ったほうがいいです。


その後、しばらく私もジプレキサを服用して

気分の高揚を抑える効果はあったのですが、
無理やり薬で脳を抑えている感じが嫌でした。

そのため医師に相談をして、
ジプレキサの服用をやめることに!!


また、それ以外にも、
多くの薬を試してみました^^;

他の薬に関しては、
今後ご紹介していきますね!

広告


★ジプレキサについての簡単な
説明を次の章でしますね♪

ジプレキサとは?簡単に!

ここでは、専門用語などを極力省いて、
分かりやすくジプレキサについてお話しますね。


ジプレキサは、


  • 統合失調症
  • 双極性障害(躁うつ病)


に対して処方されるのが一般的。


他にも応用されますが、
保険適用外となりますので注意。


で、精神安定剤は大きく分けると
2種類のタイプになります。


  1. 抗不安薬(弱い安定剤)
  2. 抗精神病薬(強い安定剤)


「1」は、気軽に処方される薬で、
デパス・メイラックスとかですね。
※内科などでも処方されます


もう1つの「2」は、
さらに大きく2つに分けられます


  1. 抗精神病薬
  2. 非定型抗精神病薬


このようになっており、

ジプレキサは「2」の、
非定型抗精神病薬に分類されます。


こちらのタイプですが、
「抗精神病薬」と比べて副作用が少なく
医師も処方しやすい特徴があります。


また、
効果に関しては従来の抗精神病薬と同等、
もしくはそれ以上とされています。

したがって、
現在は主に「非定型抗精神病薬」
を使う薬物治療が中心になっています。


しかし、非定型抗精神病薬で、
効果がない場合は…

今でも古いタイプの抗精神病薬
使われる事もあります。


で、ジプレキサは「多受容体作動薬」と呼ばれ、
様々な脳内伝達物質に影響を与えます。


実は、非定型抗精神病薬のジプレキサと、
似た作用をする薬は数種類あるんですね。

しかし、その中でも「効果・副作用」の点で
ジプレキサは優れている薬とされています。


という訳で、
今でも広く処方される薬の1つなんです。


非定型の抗精神病薬などの薬

まとめ

ご苦労様でした。

今日の記事は、
いかがだったでしょうか。


まとめますと、


ジプレキサの効果は↓

  • 不眠の改善に期待できる
  • 高ぶった脳を鎮静させる効果がある
  • 無気力などの症状には効果が弱い
  • 抗うつ薬の代わりになる薬ではない

私の体験談では、
このように感じましたよ♪


実際にジプレキサは、
強力な安定剤」ですので…

元気にする効果には、
あまり期待できないですね^^;


元気になりやすい薬は、
やはり抗うつ薬の方が優れているようです。


以前、元気になる抗うつ薬の記事を書きました。


  • ノリトレン
  • アモキサン


この2つの抗うつ薬で、
私は非常に元気になりました。


★ノリトレンについて書きました♪
ノリトレンの効果は最強?やる気が出るか飲んでみた♪

★アモキサンの記事はこちら♪
アモキサンの効果は強い?効果発現時間は?


しかし、双極性障害統合失調症
患者さんに「抗うつ薬」は、
ほとんど処方されません。

理由は、元気になりすぎると、
幻覚・妄想・テンションが上がり過ぎるので。。。

これらの精神疾患では、治療の1番の目的が、
患者さんの精神状態を安定させること!!

これが、(非定型)抗精神病薬の
役目ですのである意味当然とは言えます。


以上で私の「ジプレキサの効果体験談」
について終わりになります♪


ありがとうございました。

広告