広告

「アトピー体質で
顔の水分不足を感じませんか…??」



ギクッ!!って思いましたか?


広告

実は私もアトピー体質
顔の症状には本当に悩んでいたんです・・・。

で、分かったことは『保湿』が
大切だということです。


そこで今回は、

アトピー体質で顔の乾燥などが気になり
私に効果的だった保湿薬を


こっそりと、あなたにご紹介しますね♪


では、さっそく『最高の保湿薬』について、
みて行きましょう~♪

よろしくお願いします。


体験談!アトピーの顔を保湿させるには?

私は子供の頃からアトピー体質でした。


症状を個人的に判断すると
中程度だったかな?と、思っています。

んで、『』は、皮膚が弱いので、
症状が目立っていました(苦笑)


私の顔の症状は↓


  • カサカサ
  • 粉ふき
  • 顔のテカリ


ん?なんで、カサカサなのに
顔が脂でテカるのか??

これ、すっごく疑問だったんです。


でも、この様な症状は、
アトピー体質では珍しくないんですね^^;


顔には、薬以外に化粧水乳液
いろいろと試していましたが、

コレ!!といった商品には出会えず…。


私が当時、病院で処方されていた薬は↓

  1. 顔…プロトピック軟膏
  2. 体…ヒルドイドソフトと
    リドメックスコーワを混ぜ合わせた薬

これらです。


当時は、薬に詳しくなかったのですが、
どちらの薬も比較的よく処方される薬です。

  1. 顔…プロトピック軟膏

    これは、ステロイドではなく、
    皮膚の免疫系に働きかけます。

    すると、“過剰反応”が治まり、
    アトピーの症状が緩和します


  2. 体…ヒルドイドソフトと
    リドメックスコーワを混ぜ合わせた薬


    リドメックスはステロイドなので、
    効果はありますが、多少副作用の心配も。

    ヒルドイドは、保湿作用と
    血行促進作用などがあります

私は長い間、この処方薬で、
アトピーと戦ってきました…(>_<)

効果のほうは「そこそこ」で、
どうにか薬でアトピーの症状を
抑えている感じでしたね(苦笑)


その後、20歳頃になると
アトピーの症状が軽くなってきました。

また塗り薬も、
症状がひどい場合だけ使う感じに。

広告

大人になり、アトピーの症状が
あまり気にならなくなった頃…

頭皮に湿疹ができて、
非常に“かゆみ”がひどかったです。

んで、久しぶりに
皮膚科を受診することにしました。


当然、アトピー体質だったので、
普通の人と比べると肌は弱いです^^;


頭皮湿疹の治療薬が処方されたときに、
前から気になっていた…

』が乾燥することを、
医師に相談したら薬を出してくれました。


あれ?なんか聞いたことがある、
薬の名前のような気がしました (・ω<)

あっ!なるほど、ヒルドイドでしたか!


以前、アトピーで体に使用していた
ステロイドではない薬のほうです。


今回は、ヒルドイドの
「ローションタイプ」です。

本心、かなり期待していました!(・∀・)

★実は知っているようでも、
きちんとした薬の塗り方は知られていない♪
塗り方教室の動画です。』

ヒルドイドローションとは?

今回は、ということで、
ローションタイプの薬でした。

実は以前からヒルドイドは、
良いものだと感じていたんです!!


ヒルドイドローション0.3%
ヒルドイドローション

簡単に「効果と特徴」を説明しますね。


  • アトピー性皮膚炎
  • 乾燥性皮膚疾患
  • 乳児性湿疹


などに使用されることが多いですね。


また、

  • 保湿力が強い
  • 肌の乾燥に効果的
  • 保湿に持続性がある
  • 皮膚細胞に水分を補給
  • 血行促進作用
  • などが早く治る
  • 化粧水・クリームの代わりに使える
  • 刺激が少ない
  • 経皮吸収に優れている
  • 尿素軟膏よりも保湿力が高い
  • モデルや芸能人も使っているみたい!?
  • 美容皮膚科でも使われる
  • 医師やナースが乳液の代わりに使う!?
  • 安全性が高い
  • 個人輸入以外では処方箋がないと買えない


すごいでしょ~!

これが、ヒルドイドなんです^^


私が、「ヒルドイドローション0.3%」を
使った時に感じたことは、『すごい保湿力!』。

・・・コレでした(*^_^*)


ローションタイプですが、
実際には乳液に近い感じの薬ですね。

私はこれを、顔に塗ると潤います。


普段使っていた化粧水や乳液とは、
全く別ものと思える保湿感!!


なので、今でも顔の保湿に使っています。


私の使い方!!

はぬるま湯で顔を洗い、
その後、少し顔に水分が残る程度まで…

タオルで軽く拭いて、
適量を顔全体になじませていきます。


は、お風呂から上がったら、
ヒルドイドローションを、
顔にしっかりとなじませます。


顔に水分がある状態での使用
効果的だと感じていますね♪

で、このヒルドイドローションは、
容器が小さいから持ち運びが便利。


私の場合は、1日2回の使用ですが、

あっ!!顔が乾燥してきた・・・

って、感じたら塗る回数を
増やしますが大丈夫です。


注意点は、“手を清潔”にしてから、
ヒルドイドローションを手に取り、
顔になじませて下さいね。

私の使い方はこんな感じですよ!


ちなみに、ヒルドイドは、
全部で3種類あるんです。

最も多く処方されているのは、おそらく
「ヒルドイドソフト軟膏」だと思います。


しかし、顔の保湿には、
ヒルドイドローションが
一番使いやすいのですが、

それでも、顔の乾燥が気になる場合、
私は、夜寝る前に…

「ヒルドイドソフト軟膏」
顔に使用しています。

この薬は、軟膏と書いてあるので、
固そうなイメージがありますよね?

でも、普通のクリームと変わりません。


まとめると私は、
は、ヒルドイドローションを使い…

顔の乾燥が、特に気になり
保湿力を高めたいときには、
就寝前に、「ヒルドイドソフト軟膏」も使います。


こちらの方が、ベタつきがありますが、
保湿効果は「ローション」よりも
高いと感じています。

実際、朝起きたときに顔が潤っているので^^


ヒルドイドソフト軟膏
ヒルドイドソフト軟膏


ワセリンじゃダメなの

顔の保湿のために、
ワセリンを使っている人も多いと思います。

普通の白色ワセリンでしたら、
ドラックストアで、数百円で購入できます。

で、皮膚科では「プロペト」という薬があります。

これは、白色ワセリンから、
不純物を取り除いた物で、質はこちらが上!


気になるのは、ワセリンの効果ですね!

ワセリンは、簡単に言うと
塗った箇所の「水分を外に逃さないフタ」!!


で、ヒルドイドの場合は、
直接、肌に浸透して水分を増やし
過剰な水分の蒸発を予防します。


なので、ワセリンとヒルドイドは、
かなり違うお薬だと覚えておいてね!

広告

最後に…

ここまでお付き合い頂き、
ご苦労様でした。

今日の記事は、
お役に立ったでしょうか。


ヒルドイドソフトを体に使用していた
子供の頃は、その凄さを
あまり実感せず気づきませんでした。

が、
実際、大人になってから『』の
保湿薬として使ってみると、
もう、高価な乳液とか、いらない!!

…このように感じましたね (・∀・)


しかも、安い!!


確かに、病院に行く手間はありますが、
保険適用でヒルドイドローションを
処方してもらえば、1個が数百円です^^


私が、ヒルドイドの事を調べていたら、
数万円の美容液よりも、
ヒルドイドの方が効果はある!

と、いう意見もありましたよ~♪


アトピー体質の人で、顔の「乾燥・粉ふき」などが
気になりましたら「保湿」に問題があるかもです。


ぜひ、一度皮膚科で、
ヒルドイドローションの事を医師に
聞いてみてくださいね (*^_^*)


以上で終わりになります。

広告