広告

スノーボードの滑り方がわからない…??

スノーボード滑走


…こんな疑問ありませんか?

ずばり、初心者の方には、
多いのではないでしょうか。


というワケで、今回は、

スノーボードの初心者が初めに覚える滑り方!

これを、私の経験と独自調査を元に、
このレベルなら、“脱初心者”だ!

と、いう内容でまとめました。


広告

私はスノーボード歴、約20年です。

で、自分のことは、よく分からないのですが、
周りの友人からは「上級者」と言われます^^


私の場合は、1日で”脱初心者”したんです!

そのワケは、北海道でスノーボードが上手い
友人にビシバシと特訓されたからです!

当然(汗;)、マンツーマンでの
スパルタ指導でしたので、足・腰は↓

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル、でしたね♪


まぁ~、今でも、バンバン飛んでいますし、
ボキボキと骨を折っていますm(__)m


初心者の頃、スキー場に来ると、
高速でスイスイとスノーボードで…

滑っている人たちを見かけて、
すごいなぁ~と、思いがちですよね?


でも、断言しますが、
スノーボードは『簡単』なスポーツ!!

・・・これは、間違いありません。


確かに、スノーボードの滑り方には、
いくつかのコツが必要です。

でも、重要な部分だけ教えてもらえば、
実践していくうちに、
自然と細かい技術も身についてきます。


コレは、私も経験済みですよ。

やはり、我流だけに頼ると、
スノーボードの成長速度も遠回りし易いです。

また、基礎の完成度が低いため、
基本を応用する際にも、時間がかかります。

さらに、怪我の原因になりがち。

今まで、いろんな人を見てきて、
我流は、ある程度まで伸びるのですが…

ある地点で、限界というか、
実力が伸び悩む人が多くいました。


まずは、基礎を確実に覚えてから、
応用に生かしていくのが近道です^^


そして、
コツをつかんだら、あなたはスノーボードに
きっと、ハマること間違いないでしょう!!

そのためにも、滑り方の重要な技術を、
きちんとマスターするのが、
非常に大切になるんですね。


スノーボード・女性が転んだ


スノーボードの滑り方で重要なのは?


●以下の3項目です↓↓

  1. 膝(ひざ)
  2. 足首
  3. 重心移動(バランス)

1つずつ順に説明しますね。

1. 膝(ひざ)

これは、とにかく曲げること
そして、上半身は曲げないこと!

とくに、「転ぶ人・初心者」は、
膝は曲げて当然と覚えておきましょう!

2. 足首

自分に合ったブーツを必ず使うこと!
紐は確実にきつく締めること!

スノーボードで滑るには、足首を使って
「つま先」、もしくは、
「かかと」にも力を入れます。

3. 重心移動(バランス)

スノーボードは、バランスが取れないと
滑るどころか、転びまくることになります。

でも、重心移動のコツがわかれば、
実は簡単に滑れるようになります。

当然、『1&2』も出来ていないとダメですが。。。


以上の3項目を覚えて、
意識して練習すれば…

あまり時間をかけずに、
普通に滑ることが出来ます(・∀・)

スノーボード 初心者の滑り方とは?

では、基本となる初心者の滑り方を、
お伝えしていきますね^^


今回は2つあります。

  • その1…サイドスリップ
  • その2…木の葉おとし

で、初心者の方でも頑張れば1日で、
この2つをマスターできます!


1つずつ順にマスターしていきましょう~。

広告

その1:サイドスリップ

まず、「サイドスリップ」を練習しましょう。

コレは、基本中の基本の技術ですが、
全ては、ここから始まりますので。

しっかりと、ものにしましょうね!!


上級者の「縦」の滑りに対して、
サイドスリップは“横滑り”とも呼びます。


最適な場所は↓

  • コースの斜面の角度は20度くらい
  • 凸凹が少ない斜面

このような場所で練習します。

では、詳細をみていきましょう~♪


板を横にして下に滑る
板を「」にしたまま、下まで滑ります。

コースの低い地点(ゴール)に向かって
体を正面に向けて、滑る練習を開始します。


膝を十分に曲げて
坂を少しずつ降りていきます。

その際、板のかかと側のエッジを意識して、
滑ると止まるを、コントロールしていきます。


かかとに強く体重をのせると、
つま先は上がった状態になり、
止まることが出来ます^^

止まることに成功したら、今度は、
膝も使って、つま先を微調整する感じで、
下げていきましょう!


すると、
スノーボードの板は横向きの状態で、
下に滑り始めます。

止まりたいときには、
先ほどの手順で止まってね♪


感覚的には、かかと側(後ろ)のエッジで、
雪のコースを、ガリガリと削る感じです^^


[ポイント]

  • 膝を曲げ過ぎ?ってくらい曲げる

  • 「板は横の状態で滑る⇒停止」を繰り返す

  • 下に滑っていく際に、左右の足には同じ力をかける

この練習で、かかと側のエッジ
体重をのせることが、実感できれば、
コツをつかんだことになります^^


さらに、もう一つのコツは↓

スノーボードの練習中には、
自分の足元はみないで、
車の運転のように、遠くを見ること!


★スノーボードの基本がわかる動画です↓↓

  1. ずり落ちる方法(≒サイドスリップ)
  2. 木の葉落とし
これらの技術が、
分かりやすく説明されています。

滑り方 ずり落ちる方法と木の葉落とし

後ろを向いて坂を下る
これは、先程の正面(ゴール)を向いて、
滑ることのになります。

先程は、板は横向きで、かかとを使って、
滑ったり、止まったりしましたよね?

が、
今度は、つま先側のエッジを使って、
同じことをしてみましょう。


傾斜のあるコースで、
山を正面”に見て立ちます。
(※ゴールに対して背中を向ける)


感覚的に、意識するのは、
」と「つま先」、「スネ」の部分です!


後ろ向きなので、人や物がないか?
注意しながら進めてね♪

少し練習をすれば、目線と首は、
後ろの遠くを見ながら滑れますよ^^


先ほどの、正面の向きで、
かかと側に体重をのせて…

少しずつ降りてきた感覚を、
今度はつま先に変更します。

んで、エッジを上手くコントロールして、
滑ったり、止まったりするだけです。


思ったよりも、簡単です^^
すぐに、感覚がつかめます。

体重をかけるのは、つま先とスネの部分!!

加えて、膝は十分に曲げることが、
重要なポイントですね。


とにかく「膝」は重要です。


膝が伸びていたら、アウト!
上級者ほど、膝の使い方が上手いです。


ここまで、2種類
『サイドスリップ』を紹介しました。


が、どちらも今後使いますので、
しっかりと覚えましょうね^^

コレです↓

  1. 体の“正面を下”(ゴール)に向けて滑る
  2. 体の“背中を下“(ゴール)に向けて滑る


スノーボード・ジャンプ

その2:木の葉おとし

前の章の「サイドスリップ」を
マスターしたら、

次は『木の葉おとし』に挑戦です!


これが出来れば、ほとんどのコースを
ゆっくりなら滑れますので、
絶対にマスターしましょう。

基本ですが、重要な技術!!


最適な場所は↓

  • 雪の斜面の角度は20度くらい
  • 凸凹が少ない斜面

です。


角度が少なすぎると、うまく練習出来ないので、
ある程度、傾斜のあるコースで練習しよう。

傾斜が大きくても、かかと、もしくは、
つま先側のエッジを上手く使えれば、
急斜面でも降りれますので(^^)


実は、木の葉おとしは、木から葉っぱが
左右に揺れて落ちることから、
名付けられたんだって!最近知りました・・・

まぁ、その名の通り、
コースを「ジグザク」に、
滑り下りていく技術です。


やり方は、簡単です^^

要は、サイドスリップに「重心移動」を
追加した技術だからです。


体の正面を、ゴールに向けて滑る
体の背中を、ゴールを向けて滑る


この2つの中で、自分が得意な方から
『木の葉おとし』の練習をします。


コツは(左方向だと)、

  • 左斜めの方向を見る
  • 左足に重心をのせる
  • 左肩を大きく下げる


右方向に進みたい場合は、

  • 上の「左方向」の全て逆になります

この3つを意識して、ゆっくりと斜めに
滑ってみましょう!


すると、
「左なら」左斜めの方向に進めます^^


●肩の使い方を忘れずに

手は開いて、進みたい方向の肩は
ブラっとさせ、大きく下げて
もう一つの肩は、気持ち程度上げる感じ!


私の場合は、サイドスリップは
すぐにコツが掴めたので…

無意識のうちに、「木の葉おとし」
も、やっていました♪


何度か実際に滑ってみれば、
コツがわかり、自然とできます。

ほとんどの人は、初め、
体の正面がゴールに向いた状態で、
この技術を練習しますね。


でも、体の背中がゴールを
向いた状態の方が、
滑りやすい人もいます。

どちらから始めてもいいので、
自分で、やりやすい方を選んでね。


重要

木の葉おとしは、スノーボードを
うまく滑る際に、必ず必要な技術!

なので、2つのパターン(正面・背中)を
身に付けることが大切です。

ここまで出来れば、もう、脱初心者ですね^^


スノーボード・休憩

★スノーボードの初心者さんへ、
関連記事があります↓
スノーボード!初心者が板をうまく購入するコツは?

もう1つあります^^
スノーボードの板の選び方は?初心者が気をつける4つのこと!



広告

終わりに…

今日の記事は、
参考になったでしょうか。

実はですね、スノーボードが上手くなると、
モテます!!!


俗にいう、ゲレンデマジックとでも
言えば、正解かな!?

んで、私はモテるために、大技に挑戦し、
周りからの「キャー♡」を頂いています。


スノーボードが上手ければ、モテる!
う~ん、これは、美味しいですよね(*^_^*)

もうコレ、スノーボード・・・
上達するしか、ありませんよね!?


で、今回紹介した『』は、もう、マッハで、
マスターしちゃって下さい♪

サイドスリップ」が出来れば、
すぐに「木の葉おとし」も
できると思いますので(*^_^*)


基本ですが、サイドスリップを、
早くマスターして下さいね。

それと、先程の動画も参考に
今回の記事内容の補足になるので、
一度、ご覧になってみて下さい。


いつも徹夜でスノーボードに行き、
帰りの車の中で、爆睡していることは、

内緒だ!!ってか、運転手にバレます^^;


あとは、もう1つ
ターン」という技術が残っています。

でも、ぶっちゃけ、今回紹介した2つ
マスターしていれば、
ちょっと、コツを掴めばできます。


1日目で、ここまで出来れば、
もう、初心者ではないですよ^^

怪我に注意して、思いっきり、
スノーボードを楽しんで下さいね♪


今日は終わりです。
ありがとうございました。

広告