広告

睡眠薬のベンザリンを処方されている方へ。

コレ、本当に私に合った薬なの…?


眠る人


…こんな疑問ありませんか?

というのも、ベンザリンは
少し特徴のある睡眠薬です。


例えば、

即効性があまりないのでは?」とか
効き目が長すぎるのでは?」とか
ぶっちゃけ、他の薬の方がいいのでは?」など


・・・ベンザリンは、服用していると、
疑問がたくさん出てきちゃう薬なんです。


そんな訳で、今回は気になる人が多い、

ベンザリンを飲む時間&作用持続時間

この問題を、私の服用体験談から、
お話したいと思います。


広告

ベンザリンは、古い薬ですが
現在でも幅広く処方されています。


そして、私ですが、
ベンザリンも含めて、ほとんどの睡眠薬
服用してきた経験があります^^;


今回、タメになる知識(情報)を、
提供していきますので期待して下さい^^


よろしくお願いします。

ベンザリンを飲む時間は?体験談!

ベンザリン(成分:ニトラゼパム)は、
中間型~長時間型の睡眠薬に分類されます。


現在の睡眠薬は、

  • ベンゾジアゼピン系(古い)
  • 非ベンゾジアゼピン系(新しい)

が、主に使われています。

今日の主役のベンザリンは、
日本で1番初めに登場した、
「ベンゾジアゼピン系の睡眠薬」です。


さて、ベンザリンの基本的なことは、
これくらいにして、本題に入ります。


ンザリンの血中濃度が最高になるのは、
服用から、約2時間後です。

したがって、
服用から、2時間後に薬の効果が
最高になるというワケですね!

そのため、ベンザリンは服用から、
2時間を過ぎると
作用が弱くなっていきます

なるべく早めに、布団に入るのがベスト!


んで、ベンザリンを服用して、
一体、どれくらいの時間で、
作用が表れるのか?



疑問ですよね?

では、ご説明致します!!

私の体験談では、30分~1時間程度
時間が経過すると、効果が実感できます。

しかし、ベンザリンは、
それほど、作用が強い薬ではないです。
(※寝つきの改善にはあまり向いていない)


なので、睡眠薬(主にベンゾジアゼピン系)に
耐性がある人の場合だと…

薬が作用(効いている)している感覚が
あまりよく分からない事もあります。


私も、睡眠薬には“耐性”がついています。

そのため、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、
効き目が悪い(弱い)んです。


それでも、ベンザリンを服用し始めた頃、

薬が効いてきた!!
と、感じたのが、先ほどの時間なんです。

確かに、個人差耐性の影響があり、
いろいろな意見があるのも事実。


でも、即効性はじゃっかん遅いですが、
睡眠薬としての作用があるので、
服用後、すぐに布団に入っても大丈夫です^^


ちなみに、超短時間型の睡眠薬は、
服用後、「10~20分」で効果が出てきます。

  • ルネスタ
  • マイスリー
  • アモバン
  • ハルシオン

これらは、寝つきが悪い人
向いている睡眠薬になりますよ。


続いて、ベンザリンの作用持続時間
お話に移ります♪

広告

作用持続時間は?体験談!

ベンザリンの作用持続時間ですが、
こちらも、かなり個人差があります。

体質耐性の影響が、非常に大きいです。

実は、ベンザリンの血中濃度半減期は、
約28時間とされているんです。

血中濃度半減期とは、
血液中で、薬の成分の濃度が
半分になる時間です。

基本的に、血液中で薬の成分が
最高の濃度になった「後」に使う指標です。


しかし、血中濃度半減期と、
作用持続時間は同じではない!

ここでは、作用持続時間を
薬の作用(効果)を体感できる時間”として、
説明しますね。


ベンザリンの作用持続時間は、
私の場合は、約9~14時間でした。

短いと感じましたか?

この時間は、個人差が激しいのは確かです!


だって、半減期が28時間でしょ!?

って、ツッコまれそうですが、

半減期をむかえる前に、大抵の薬は、
薬の作用を自覚できなくなります。

就寝前にベンザリンを服用したら、
私の作用持続時間は、約9~14時間なので、
朝、いや、起きてからも作用が残る計算です。


でも、その作用のおかげで、
ベンザリンは日中に、
抗不安作用が見込めるんです。


が、
サラリーマンの方などには、
あまり適していないと言えそうですね^^;

眠くて、仕事に支障が出ることも・・・


事実、私が服用したときも、
寝起きがとても悪かった記憶があります。

これは、
まだ、薬が作用持続時間中だったからです!


血中濃度半減期を、そのまま作用持続時間
思わないようにして下さいね^^

広告

まとめ

今日の記事は、
お役に立ったでしょうか。

記事の内容をまとめると↓

  • 飲む時間…就寝前30分以内
  • 血中濃度半減期…約28時間
  • 作用持続時間…約9~14時間(※個人差あり)
  • 作用時間が長いため、
    日中に抗不安作用が続くため、
    眠気やだるさを感じる人も多い


作用持続時間が長いベンザリンは、

使い方を間違えると、
単なる眠くて、だるい薬になる可能性がある!


自分の生活に合わせて、
医師とよく相談をし、
うまく活用したい薬と言えそうです♪

広告