広告

ベンザリンを処方されましたね…!?

ベンザリンのジェネリックの「ニトラゼパム錠」
ジェネリックの「ニトラゼパム錠」

…強いのか?効果は?って、
気になりますよね?


そこで今回は、

ベンザリンは強い睡眠薬か?効果は?

これを私の体験談から、
ご紹介したいと思います。

広告


実は、私は一般的な睡眠薬を、
ほとんど服用経験があるんです。

そのため、かなり睡眠薬に詳しいです!!


ベンザリンを服用中の方、
もしくは、処方された方は、

もうコレ、読まないと後悔ですよ^^


では、さっそく私のベンザリン体験談
スタートしましょう~♪


よろしくお願いします。

ベンザリンの効果は?飲んでみた!

私がベンザリン(成分:ニトラゼパム)
を、初めて処方されたのは、
もう20年近く前になります。

一般的なベンゾジアゼピン系の
睡眠薬の1つです。

※最近では、寝つきが悪い方に対しては、
 超短時間型の睡眠薬として、
 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の処方が多い。


で、良い薬?イマイチな薬?
これが、気になると思います!


始めに言ってしまいますね。


私は良い薬だと思います

んで、当時の私の症状は↓

  • 強い緊張感

  • 強い不安感

  • 人混みに入ると体調が悪くなる

  • 不眠(途中で起きてしまう症状も)

以上、4つの症状が、
目立っていたんです。

という訳で、
抗不安薬睡眠薬
処方されていました。


睡眠薬は↓

  1. ロヒプノール2mg
  2. レンドルミン0.25mg

この2種類を服用していたんです。

しかし、私の不眠には、この処方でも、
ちょっと効き目が弱かったんです。

広告

そこで、医師に相談したら、
レンドルミンを外して、
ベンザリン10mg錠』が処方されました。

日中に強い不安があったので、
長時間効き目が持続する、
ベンザリンを試したのでしょう!


ベンザリンの作用時間は、
中間型~長時間型に分類されています。

なので、睡眠薬として服用すると、
翌日の日中にも、
抗不安薬作用が持続するのが特徴。

う~ん、なるほど、そうきたか!!
と、医師の考えを読み取りました^^


レンドルミンは、
寝つきの悪さの改善に使われます。

そして、短時間型なので効果持続時間も、
それなりにありますが…

「問題は効果が弱いコト!」(苦笑)


というワケで、ベンザリンの方がマシかな?
と、思ったことを覚えています。


私には、睡眠薬の耐性
ついていました。

が、
ベンザリンを初めて服用した日の夜は、
正直驚きました!(・∀・)

布団に入ると、
筋弛緩作用というか、体の力が抜ける感じで、
おおっ!!と、1人で驚いていたんです。


睡眠薬に耐性があるので、
このような感覚を
体験するとは思っていませんでした。

なので、正直この薬!!
やり手か!?って、感じました^^


でも、1週間くらい服用していると、
この、ちょっと変わった、
脱力感(?)は感じなくなりました。

ですが、1週間程度服用していたら、
日中の不安が緩和している感じ^^

また、寝つき・寝ついても起きる症状にも、
そこそこの効果があるので、
レンドルミンにさようならを告げました。


さすが、効かない薬で有名な薬、
レンドルミン^^;


続きまして、ベンザリンの強さについて、
独断と偏見の感想を記載しますね♪


不眠の女性


ベンザリンは強い薬なの?

ベンザリンは、てんかんにも
使用されることがあるんです。

しかし、多くの方は睡眠薬として
服用しているようですね。


気になる、ベンザリンの強さですが、
これは、実は比べるのに苦労します。

なぜなら、効き目の早い睡眠薬と、
作用持続時間が長い睡眠薬の、
良し悪しを比べるは、少し無理があります。

でもあえて、
ベンザリンの「眠りに入る強さ」を
比較するとしたら、


私の場合はこんな感じです↓

ロヒプノールベンザリンデパス>レンドルミン


しかし、薬の即効性では、
超短時間型の睡眠薬には、かないません。


これらは、超短時間型の睡眠薬↓

  • ルネスタ
  • マイスリー
  • アモバン
  • ハルシオン


で、私の知る限り、ベンザリンを睡眠薬として、
単独で使うことは少ないと思います。

主に、他の睡眠薬に併用して、
使うことが多いように感じます!

私もそうでしたので^^;

そして、

  • 朝早く目覚める
  • 寝ている途中で目が覚める

このような症状の方に、
処方される薬の1つなんですね!


[まとめると]
ベンザリンは、
薬の効果が最大」になる時間が、
じゃっかん遅い部類の睡眠薬です。

なので、即効性に関しては、
あまり優秀とは言えません。

でも、これは超短時間型の睡眠薬
との比較ですので、
服用して30分もすれば効いてきます。


薬の総合的な効果と強さは、
私の体感では、『』程度です。

それと、
血中濃度半減期が1日以上なのが特徴。

効き目が長いという事です^^

そのため、日中に抗不安作用があり、
私自身、その効果を自覚できましたよ。

うん!!
この効果はナイスなポイントですね~!


うまくベンザリンを表現すると↓↓

ロヒプノールの切れ味を鈍くして、
その分を、薬の作用持続時間にまわしている。

こんな感じですね。


また、

ロヒプノールが「カミソリ」なら、
ベンザリンは「鈍器」みたいな感じ。

う~ん、なかなかいい感じで表現できたと
自分を少し褒めてしまいました^^

広告


まとめ

今日の記事は、
いかがだったでしょうか。

ベンザリンは、とても古いタイプの
睡眠薬ですが、今でも使われています。

と、いうことは、やはり使い道がある
薬だという証拠ですよね!?

薬価も安いしね^^


あと、「ネルボン」という薬があります。

でも、成分はベンザリンと同じですので
覚えておいて下さいね。


それと、私が経験した、

「ロヒプノールとベンザリンの併用!」

これは、なかなか良い組み合わせですね。


この組み合わせは、
うつ病の患者さんにも有効でしょう。


うつ病の回復には睡眠が不可欠です。

なので、ゆっくりと、長めの睡眠時間を
確保したいときに活躍してくれそうです。


以上でベンザリンの
効果と強さについての
私の体験談を終わります。


ありがとうございました。

広告