広告

アモバンを処方されましたか…??

睡眠不足のスマイル

私のカンですが、処方されましたね?
(違ったらゴメンナサイ、汗)

で、ここからは、アモバンを
処方されたことを前提に、
お話していきますね!


私も「アモバン」を処方された経験があり、
独特(?)な睡眠薬でしたので、
鮮明に覚えています^^;


広告


今回ですが、

アモバンの強さと効果、さらに苦いこと。

これらの疑問について、
私の体験談ベースに
調べた内容もプラスしてまとめました。

任せて下さい、私は一般的な睡眠薬は、
ほぼ全て、服用した経験があります。

そんなワケで、睡眠薬の違いにも
かなりうるさいワケです。


それでは、この記事で、
アモバンの疑問を解決して頂きますね!


それでは、スタートしますよ~♪
よろしくお願いします。

アモバンの強さを体験談で比較!!

アモバン(成分:ゾピクロン)は、
超短時間型睡眠薬の1つです。

以前は、このタイプといえば、
最も有名だったのが、「ハルシオン」です。

しかし、現在、ハルシオンを進んで処方する
医師はほとんどいないですね。


不眠と一言でいっても、

  • 寝つけない
  • 寝つけても、目が覚めてしまう

大きく分けて、2つの症状があります。

多いのは、やはり「寝つけない」症状です。


という訳で、“超短時間型睡眠薬”を
処方される人は、寝つけない人です!


ちょっと寄り道をしますね。

他にもアモバンと似たタイプの
睡眠薬を紹介しますね♪

  • ハルシオン…(成分:トリアゾラム)

  • マイスリー…(成分:ゾルピデム)

  • ルネスタ…(成分:エスゾピクロン)

この上記の3つの薬は、アモバンと同様に
服用後、即効性があり、
早く切れる特徴があります。

私はこれらの薬を
全て服用してきました。


で、
いきなりですが、独断と偏見で、
強さを比較してみます!!

すると、このようになりました!!

ハルシオンマイスリールネスタ≧?アモバン



※参考にした容量↓

  • ハルシオン=0.25mg錠

  • ルネスタ=3mg錠

  • マイスリー=10mg錠

  • アモバン=10mg錠



広告

体験談!アモバンの効果は?

ハルシオンは、
ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。

しかし、最近では、新しいタイプの、
非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬
が、ファーストチョイスで処方されます。


ですので、アモバンの特徴は、
非ベンゾジアゼピン系の
睡眠薬だということですね。

しかし、実は『』と先頭に付いていますが、
従来のハルシオンなどと、作用が似ているんです。


アモバンは、シクロピロロン系の睡眠薬です。

ですが、作用のしくみは、脳内でGABA神経に、
作用するため、従来のハルシオンなどの
ベンゾジアゼピン系と、被る部分があります。


なので、全く違う薬理の薬とは
言えないのでは?と、思います。


アモバンの効果は

眠りにつくまでの時間を短縮

深い睡眠の割合が増える

③超短時間型睡眠薬ですが、
総睡眠時間が長くなる

これらが期待できます。


で、アモバンのベストな適応は↓

①寝つけない症状

②数日~数週間の投与

③高齢者(ふらつきなどが少ないため)

上記のような場合に、向いてるワケです!



寝ている猫



●さて、私が服用した体験談
ご紹介しますね。

※注意 個人差があるため、
 全ての人にあてはまるワケではないです



では、行ってみましょう~♪

「アモバン」は、
効き目の早さで、評価が高いのですが、
私は実感できませんでした^^;

ちょっと嫌な雰囲気です。。。

で、服用して1時間以上経過すると、
効果が弱くなってきます。

なので、アモバンは、


コレを厳守↓↓

服用したら、すぐに布団に入ること!

もう、コレに尽きます。


もたもたしていると、薬の効果が強い時間帯を
逃してしまうので、急ぐ必要があります^^;

『アモバンの強さ』の章で、
他の薬と比較した結果、ビリだったアモバン。。。

私には、アモバンの効き目は
弱すぎましたね^^;


試しに、アモバンだけを服用してみましたが、
十分な効果が得られませんでした。

さらに、どうにか寝ついても・・・
3時間を過ぎると、
起きてしまうことがありますので。

やはり、アモバンはハズレなのでは?
といった、雰囲気が私の中で出ています…(>_<)


で、アモバンの後継者(薬?)的存在に、
ルネスタがありますが、

私の服用経験では、ルネスタの勝ち!


また、少しだけ、作用時間が長いタイプの
レンドルミン(成分:ミルナシプラン)と
アモバンですが、どちらも効果は弱いですね。。。


本来なら、即効性は「アモバン」で、
持続性は、「レンドルミン!」・・・

と、されているのですが、
どちらの薬も弱い!これが、私の結論です^^;

製薬メーカーの人の意見を、
完全に無視した結論ですが、
私にはそう感じたので…。


で、ここは大切なところです。

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は
筋弛緩作用が弱いので、
私はメインでは使用していません。

筋弛緩作用が弱いと、
リラックス感を味わえないので。。。


でも、副作用は少ないので、
高齢者の方にはオススメできますね。


んで、アモバンだけが持つメリットは・・・


う~ん。

・・・ないですね^^;


はっきり言って、私の体験談だと、
『アモバン』は、
残念ですが低評価です!!

さらに、寝つきの作用を、
ロヒプノール(成分:フルニトラゼパム)と、
比べると、アモバン…使えねぇ~・・・。

ロヒプノールの勝ち!!
という結果が、私の事実。


でも、寝つきが悪い症状の方は、
アモバンなどの、非ベンゾジアゼピン系から
服用を初めた方が、いいとは感じています。


アモバンの効果をまとめると

効果は一般的ですが、
強固な不眠症の方には弱いと感じます。

おそらく、アモバン1種類では
寝つけない、もしくは、起きてしまう。

この様なことが考えられます。


これといって、飛び抜けたメリット
ないので、他の薬との差別化が出来ていません。


以上、アモバンの効果でした。


かなり、キツイ感想でしたが、
私の思うがままを書かせて頂きました^^;


仮眠中の女子


アモバンは、なぜ苦い?

アモバンを服用している人の多くは、

「なんで、あんなに苦いの…??」

と、疑問を持っているハズ。


患者さんから人気がないのも
これが原因の1つでは??

と、思えるほど『苦い』です^^;

なぜ、そんなに、この苦味について、
ボロクソに言うのかというと、
服用した後も苦いからなんです。


普通なら、服用時だけ苦いワケですが、
アモバンの場合は特殊です。

アモバンの苦い成分は、
服用した後、吸収されて全身を回ります。

その後、なんと、唾液の一部として、
再び「口の中に分泌」されます。


これが、厄介な原因なんですね~。


そのため、寝起きの後も、
苦味の成分が唾液として、口にあるため、
しばらくの間は苦いんです^^;

副作用として、苦味が報告されていますし、
私も、半端なく「苦い」と感じています。

服用後に、胃からこみ上げてくる・・・
あの苦味は、本当に勘弁して欲しいです^^;



「苦い」の対処法としては↓

  • 歯みがきをする
  • マウスウォッシュでブクブク

これくらいしかないです^^;


さて、
飛び抜けた効果がない、アモバン・・・

私でしたら、マイスリールネスタ
変更して下さい!!

と、医師に伝えるでしょう。


★アモバンの関連記事が②つあります↓
アモバンの効き目時間(効果発現)は?私の体験レビュー!

アモバンの作用持続時間は?他の薬とも比べてみた♪

終わりに…

今日の記事は、
参考になりましたか。

私の体験談では、アモバンは、
素晴しい薬ではなかったですね(・ω<)

そして、

  • ルネスタ
  • マイスリー

この上記の薬の方が、
トータル的に優れていました。

まぁ、「個人差」もありますが、


私はもう2度と
服用することはないです
^^;」



以上で、「アモバン」についての、
体験談ベースの感想を終わりにしますね^^


ありがとうございました。

広告