広告

もしかして、レンドルミンを
処方されていませんか…??


レンドルミン
レンドルミンのジェネリック「ブロチゾラム」

・・・ずばり、当りのようですね!?
(間違っていたらすみません、汗)


実は私も、
レンドルミンを服用していました。

また、病院の変更などもあり、
数回処方されているんです!

そんな事もあり、現在の私は一般的な睡眠薬を、
ほぼ全て服用した経験があります^^;

なので、ぶっちゃけ、医師が教科書の
勉強では決して分からないことも、
多く経験しているワケなんですね。

広告


で、今回は、

レンドルミンの副作用には健忘があるの?

この疑問を体験談と独自調査から、
あなたにお話したいと思います。


では、さっそくレンドルミンの健忘の謎!
解析していきましょう~♪

よろしくお願いします。

健忘とは?簡単に!!

睡眠薬の服用で起こることがある「健忘」。

実際には、抗不安薬でも起きる人がいますね。


健忘を簡単に説明します

  1. 睡眠薬を服用してから、寝るまでの記憶が無い

  2. 睡眠薬で眠ったが、その後起きてしまい、
    再び眠りにつくまでの記憶が曖昧

このような症状です。


睡眠薬の服用で起きる“健忘”は、
記憶障害』とも言えます。

更に、簡単に表現すると
物忘れ』の一種とも言えるんですね。


原因は、睡眠薬を服用することで↓


体はまだ動けるのですが、
脳は既に眠っている状況になる!



このような、不思議な状態が起きることが、
あるんです。

んで、睡眠薬の使用で起こる健忘は
一過性前向健忘」と呼ばれます。


何となく、健忘について、
お分かりになってくれましたか?

広告

健忘が起きやすい薬&起きづらい薬!

睡眠薬での健忘ですが、
起きやすい薬そうでない薬があります。

現在、不眠で主に処方されているのは、
2種類のタイプの薬です。


●比較してみます

まずは、
1. 非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬

こちらは、健忘が起きづらいとされています。
新しいタイプの薬。


次に、
2. ベンゾジアゼピンの睡眠薬

「1」と比べて、
健忘が起きやすいとされています。


更に、健忘になりやすい条件を加えると↓

  1. 睡眠薬の効果が強い

  2. 睡眠薬の量が多い

  3. 超短時間作用タイプの睡眠薬

  4. お酒との併用

という訳で、健忘を起こしやすい
代表的な睡眠薬は、

『ハルシオン』

この薬は有名ですね^^;


で、問題のレンドルミンですが、

上記の1~4までの条件を
満たしづらいので、健忘は起こりづらい!!

と、言えそうですね。


では、私の場合はどうだったでしょうか?


レンドルミン


体験談!レンドルミンの副作用で健忘?

私の場合は、レンドルミンを服用後、
しばらく起きていて、
寝るまでの行動を覚えていなかった^^;

何度かこの様な経験があります。


で、実際に健忘が起きると↓

  • 何かを食べたり

  • 何かを飲んだり

  • 誰かにメールしたり

  • 誰かに電話したり

  • パソコンを操作していたり

  • コンビニに出かけたり(危険)

  • 車に乗ったり(危険)

  • その他にも

このような事を無意識
行ってしまうんです。


怖いですね(>_<)


当然私も、これらの項目のいくつかを
経験してきました。
(※他の睡眠薬も含む)


「翌朝起きて、えっ!?」
「私がこんなことしたの?」


と、おどろいていました。


例えば、
朝起きたら、スナック菓子が食べてあったり、
ビールの缶が置いてあったり、
友人に電話をかけていたり、と…^^;


怖いのは、脳が眠った状態
車を運転してしまう人がいることです。

また、コンビニに行くのも
十分危険ですよね?

幸いにも、私は危険なことを
していませんでした。


そもそも、睡眠薬の効果が弱いと
健忘は起きづらいですね!

私は1ヶ月で、レンドルミンの効き目が悪くなり、
その後は、薬を服用しても普通(健忘なし)でした。


私自身、実際にレンドルミンを
服用して健忘を感じたのは数回だけです。


また、私が今までに服用してきた
睡眠薬などと比較してみても…

レンドルミンは、
健忘を起こしづらいと感じています^^

でも、個人差が激しいのも確かです。
油断は出来ません、注意して下さい。


ですので、睡眠薬を服用する際には、
きちんと寝る直前に服用して、
すぐに布団に入れば、健忘の予防になります。


それと、睡眠薬を服用してから、
布団に入っても、しばらく眠れない場合に…

起きてしまうと、健忘をおこすことが
私にはありました。


おそらく原因は、中途覚醒により、
体は起きていても、
脳は眠っていたからだと思います。


★レンドルミンの基礎知識は、こちら↓
レンドルミンの効果と時間は?私の体験談では?
関連記事ですので、お時間があれば♪



広告

まとめ

今日の記事は、
いかがだったでしょうか。

私は、ほとんどの睡眠薬を
服用してきたので、よく分かるのですが、
睡眠薬は種類によって効果が様々です。


その経験から、ハルシオンロヒプノールは、
かなり強烈に『健忘』を感じる印象です。

でも、今回の主役“レンドルミン”は、
経験上、健忘は起きづらいと思います。

また、一般的にレンドルミンは
健忘が起きづらい睡眠薬といった
位置づけではないか?と、思っています。


それから、非ベンゾジアゼピン系の薬は、
健忘が起きづらいと言われますが…

私自身の経験では、
ベンゾジアゼピン系の睡眠薬と
そこまで違いを感じませんでしたm(__)m


むしろ、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、
超短時間作用型のタイプが多いので…

レンドルミンよりも「健忘」が多いかも!?
と、さえ思っています。


レンドルミンの健忘の体験談を
最後にまとめると、

レンドルミンは健忘を起こしづらい睡眠薬

健忘が起きるとすれば薬の効果を
強く感じやすい、服用はじめ
が多い(体験談)」


この様になります。

お疲れ様でした^^

レンドルミンの健忘のお話は、
これで終わりです^^


ありがとうございました。

広告