広告

マイスリーが効き始める時間と、
持続する時間が気になりませんか…??


向精神薬・大量


…当然気になりますよね?


てな訳で今回は、

マイスリーの効果が表れる時間と作用持続時間

テーマに、体験談ベースで情報をシェアしますね♪


広告


で、私はほとんどの睡眠薬を服用してきた
経験を持つ「Mr:スリーピング・ピル」なんです^^;

なので、薬の名前や成分、ジェネリック、
強さや弱さ、副作用も、暗記しているんですよ。

実際、医師と会話をしていると、医師の方が、

「えっ?!…ちょっと待って下さい」
と、デスクから本を取り出し確認することも(苦笑


自分で言うのも、変な感じですが、
ぶっちゃけ、かなり詳しいです。

それでは、よろしくお願いします。

体験談!マイスリーの効果発現と作用持続時間

マイスリーは、従来のベンゾジアゼピン系の
睡眠薬とは違い、変わった一面を持ちます。

マイスリーは、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。
しかし、多くの抗不安薬・睡眠薬は…

ベンゾジアゼピン系と呼ばれるタイプの
薬と覚えておいて下さい。

しかし、睡眠薬の場合ですと、最近は、
非ベンゾジアゼピン系の薬が広く使われています。

マイスリー、ルネスタ、アモバンなどです。


では、初めは↓

マイスリーの効果発現時間

これについて、体験談をお話しますね。


睡眠薬ではあるのですが、
私の場合はマイスリーを服用後
強い眠気は、あまり感じませんでした。

マイスリーは、
自然な眠りへと導くとされています。

布団に入ると、自然と眠れる薬と言えそうです。

なので、使い方は就寝前!!
まさに、あと1分後には寝る

このタイミングで使う薬かな?
と思っていますよ!(ちょっと大袈裟?^^;)


何故かと言うと、
効果発現時間』がやたらと早いからです。

では、どのくらいの時間で、
効果が強く発現するのか…?

これは、私の体験談では、
15分くらい!!


先程は、ちょっと大袈裟に1分と言いましたが、
効果が強く表れる時間が、服用後15分という意味です。

当時、マイスリーを服用していた私は、
服用後、10分後くらいに布団に入っていました。

そして、布団に入ると、
数分で眠りに入ることが出来ました。


なので、マイスリーを服用したら即、寝る!!

これが一番だと思いますよ^^

広告

作用持続時間

これは、とにかく短いです^^

なので、

  • 寝ても途中で目が覚める
  • 早朝に起きてしまう

これらの症状には、向いていません。
他の睡眠薬に変更するべきです。

当時私は、マイスリーを服用後に眠ると
1~2時間の間は目が覚めなかったです。


で、私は眠ると途中で目が覚める
事は少ないのですが…

3時間を過ぎると、目が覚める事がありました。

なので、私の体験談では、
マイスリーの作用持続時間は…

ずばり!!
3時間くらいです。


効果発現時間と作用持続時間を
まとめると

すぐに、効き始めて、
すぐに、薬の成分が体から
抜けていく薬と言えます。


従って、

寝つけない人

この症状の方に処方される事が多いですね!


眠い女性


マイスリーの時間に関する詳細

私は新しい薬を処方されると、
必ず詳しく調べます。


で、マイスリーですが!!

まず、「最高血中濃度時間
という指標があります。

これは、
体内の血液中で薬の濃度が、
最大になる時間を指します。


マイスリーは、コレが早い!!

時間で言うと、約45分

なので、マイスリーを服用後、
眠らずに作業をしていると…

マイスリーの最高血中濃度の時間を
過ぎてしまい、効果が薄れてきます


なので、この即効性からも解るように、
マイスリーの効果発現時間は、
15分程度で間違いないでしょう!!


更に言うと、マイスリーを服用後、
1~45分以内に、布団に入らないと、
薬の恩恵を受けづらいと言えます。

具体的には、もっと早く、15分以内に、
布団に入らないと、
マイスリーの特性は生かせないと思います。

マイスリーを服用中の方は、
時間には注意して下さいね!!


寝ている猫


また、
血中濃度半減期」という指標があります。

これは、血液中で薬の有効成分が
半分の濃度になる時間です。

マイスリーは、これが、
1.8~2.3時間とされているんです(・ω<)

これは「超短時間作用型」の
睡眠薬に分類されます。


私の体験談も、おおよそ同じ感じでした。

最高血中濃度時間は、約45分で、
血中濃度半減期が、1.8~2.3時間だと↓


45分+1.8~2.3時間」=3時間くらい。

になります。

※血中濃度半減期は、最高血中濃度に
 到達してから図るのが普通です



なので、私の『3時間を過ぎると、
目が覚める事がある』という実体験。

これは、マイスリーの特徴だった訳です。


しかし、注意したいのは、
血中濃度半減期作用持続時間」は、
同じではないことがほとんどです。

血中濃度半減期は、ただ単に体内で薬の、
血中濃度が半分になる時間であり…

濃度が半分になると薬は効かなくなるのか?

と、言いますと、違います!!


これは、薬次第なのですが、
例えば、抗不安薬に「メイラックス」と
いう薬があります。

このメイラックスは、血中濃度半減期が、
100時間以上ですm(__)m

しかし、1日に1~2回服用します。

なので、血中濃度半減期は、
作用持続時間を図るための目安♪

このように考えて下さい。


私の体験談では、薬が血中濃度半減期を
過ぎた場合、自身で薬の効果を、
自覚できない場合が多いです。

これを考慮すると、
もしかすると、マイスリーは、
作用持続時間が、もっと短い可能性があります。

しかし、このマイスリーという薬は、
服用しても効果を、あまり自覚しづらいので、
正確には測りづらいのも事実です。


効き目が実感できる、抗不安薬だと
これがよく分かります!!

血中濃度半減期が、6時間でも
実際に体感できる作用持続時間は、
4時間程度・・・

だということは、多いです^^;

こちらの記事では、
マイスリーとは?効果を体験レビュー♪を、
紹介した関連記事になります。



広告

まとめ

今日の記事は、
いかがだったでしょうか。

マイスリーは、医師が処方しやすい薬ですので、
多くの方が服用しています。


で、これだけは覚えておいて下さい♪

最速レベルの、効果発現時間で、
最短レベルの、作用持続時間である!!


これで、もう、
マイスリーの時間関連
知識はバッチリですね^^

上手くマイスリーを使って下さいね。


今日はこれで終わりです。
ありがとうございました。

広告