広告

年を越して、新年が始まります。

ところで、2016年に小学生になる姪に
お年玉いくら渡せばいいの…??


…こんな疑問はありませんか?


広告

この問題ですが、正直難しいです^^;

だから皆さん、小学生のお年玉の相場
分からずに苦労しているんですよね!!

でも、甥や姪に関しては、相場よりも多めに
お年玉を渡すのが、一般的ですよ!!


で、子供の頃は、お年玉バブルで、
大人になってからは、大量に支払う側となり、
金額の空気も相場も悟ってしまった、私の登場です。

私は毎年、大勢の子供に
お年玉を渡しています。

で、来年は、飼い猫にも渡そうかな?(笑
って、勢いであります!!


実は、私の体験談ですが、
小学生の頃、貰ったお年玉の金額が…

最大で10倍ほど
違っていたことがありました(苦笑

これは、父親の親戚の方です。。。

これって、
小学生にはショックですよね(>_<)


なので、
母親方の親戚内では、こんな事がないように、
私が子供の頃から、とても便利な方法を続けていたんです。


ちょっと紹介しますね^^

この方法を実行すれば、
今後、お年玉の金額で
頭を悩ませる事はありません。

この作戦以外にも、
別の方法での作戦や、
計算方法も合わせてお話しますよ♪


では、さっそく「新札」を
用意することから初めましょうね^^♪
※お年玉の理想は新札です

よろしくお願いします。

お年玉の相場とは?

お年玉の金額には、

  • お互いの関係の深さ

  • 家庭環境の状況

  • 地域差

これらも関係してきます。

なので、小学生のお年玉の金額!

と、一言でいっても
状況次第で変わってくるんですね。


広告

更に、

  • 小学生のお子さんがいる両親
  • お子さんがいない両親

この場合は、お子さんがいない両親が
渡す側だけになりますし…

相手の両親からしてみると、
受け取りづらい面もありますよね^^;


たかが、お年玉と言っても、
大きく悩む両親や、あまり気にしない両親
更に、お年玉の相場を全く知らない両親

いろいろな方が居ますので、
完璧な金額の答えは、
渡す人、それぞれで違ってきます (。-ω-)


この後で、
私がオススメするお年玉の金額の考え方と、
実際、小学生が受け取っている
金額の相場を記載していきますね。


でも、最後に決めるのは、あなた!

です。


ぜひ、参考になさって下さいね。

オススメ!お年玉の金額の決め方!

小学生のお年玉の金額ですが、
最もオススメなのが、『ルール』を作ること!

コレですね(・∀・)


私が幼かった頃は、
父親側の親戚内には決まりがなく…

母親側の親戚内には、
決まりがあったんです。


例えば、母親側の親戚内では↓

  • 小学生・低学年⇒2,000円
  • 小学生・高学年⇒3,000円

こんな感じで『ルール』があったので、
子供ながら、事前にいくら貰えるのか?
分かっていたんです。


逆に、父親側では決め事がなかったので、
人それぞれ、お年玉の金額にズレがあり…

生意気にも、この人は少ないなぁ~。。。
なんて、思ったことも^^;


私的には、『ルール』を今年中に作ることが
一番、お互いにとって良い方法だと思います。


確かに、先頭に立ってこの話題を
言い出すには勇気が入りますが…

一度、決め事を作ってしまうと、
あとは本当に楽ですよ。


ですので、まだ、お年玉にルール
作っていないのであれば…

ここは、あなたが先頭に立って、
お年玉の金額を決めてしまいましょう。

また、この件に関しては、
ご両親にも相談するといいですね。

で、
実家に行ったときや、親戚内で集まったとき、
お年玉を渡す関係のある人と集まったときに…

今年からお年玉の金額相場を、
私達で、相場として決めちゃおうよ!


って、提案してみてもいいのでは?


ここで、私の独断と偏見の意見から
2016年!小学生のお年玉の金額!

「ルール」の例を発表しますね↓↓

  • 小学生・低学年(1~2年生)…1,000円

  • 小学生・中学年(3~4年生)…2,000円

  • 小学生・高学年(5~6年生)…3,000円

いかがでしょうか?

私も経験してきました(*^_^*)

こんな感じで、「ルール」にしておけば、
ゆっくり家で新札を入れてセット出来ます^^


もしや、金額が少ないと思いましたか?

でも、お年玉が多いと、
親に持っていかれてしまう為…

私的にはそれなりに
最適な金額だと思いますよ!


次の章では、現在の小学生は、
平均でいくらのお年玉を貰っているのか?

コレについて、お話します♪


小学生

現在の小学生のお年玉の相場!

前の章で、
お年玉の金額を決めてしまおう!!

と、提案しましたが、
それが出来ない人もいると思います^^;


なので、
平均的な小学生のお年玉の相場
どのくらいなのか?

知っておく必要があります。


では、お伝えしますね!!

ここでは、
小学生を低・高学年に分けて発表します。

  • 小学生・低学年(1~3年生)
    ⇒1,000円~3,000円

  • 小学生・高学年(4~6年生)
    ⇒3,000円~5,000円


この金額の割合が、
一番多いとされています。

という訳で、小学生のお年玉の相場は、
1,000円~5,000円となりました。

ほとんどの方が、この金額内で
渡しているのではないでしょうか?


あとは、渡す相手次第で、
3,000円を選ぶか、5,000円を選ぶか?

ココが一番悩みそうですね^^;


続いては、目安程度の計算ですが、
お年玉の金額を決めるがあります♪


お年玉


お年玉の金額を簡単に計算する!

面白い『』とは?

⇒「年齢÷2×1,000円」=お年玉

例えば、8歳の小学生なら、

式に当てはめると、
8÷2×1,000円」=4,000円
となります。

えっ、4,000円!?
これは、私的には渡し過ぎです^^;


で、ちょっと「4」という数字は、
縁起が悪いような気がしますか?


これは、人それぞれ意見が分かれますが、
そう感じる方もいると思います。

なので、そんな時には、
お年玉袋の中に「1円玉」を追加します。

すると、合計で4,001円です!
これで問題なしですね^^


あくまでも、4,000円に
こだわる人限定ですが…(。-ω-)


更に、もう1つあります

小学生にお年玉を渡すけれど、
全く、相場がわからない…

更に、相手の親とも関係が
なんとも言えない時には使えるかもです。


学年分、1,000円札を渡す


簡単ですね^^

1年生=1,000円
2年生=2,000円
~~~~~~~~~
6年生=6,000円

という形です。

簡単ですが、意外にも、
それなりの金額にはなっています。

でも、小学6年生が、6,000円
貰うのは、ちょっと(?)ですね!(苦笑


こんな感じで、世間での
一般的な小学生のお年玉の相場と…

大雑把なお年玉の計算方法
2つ紹介致しました!!

広告

終わりに…

今日の記事は、
いかがだったでしょうか。

小学生のお年玉の金額は、
はっきり言って悩みますよね?


確かに、相場は参考になりますが、
その人を取り巻く環境も様々なのも事実。

なので、やはり『ルール』として、
お年玉の金額を、決めるのが
一番いい方法だと思います。

更に、進化した方法として、
お互い様』という方法もありです。

要するに、
お年玉は、お互い一切なし!(;一_一)

おそらくですが、この方法は、
今後、増えるのではないでしょうか?


まぁ~、確かに子供は悲しむけれど、
大人からすると、すっごく楽です^^

今年、じゃなくて、2016年のお年玉は、
どの様にするのか?…


この記事を参考にして、
じっくりと考えてみて下さいね(*^_^*)

広告