広告

トフラニールは、
太る抗うつ薬だと思いますか…??


寝起の気分がいい

…かなり疑っていますね?

個人差が激しいですが、
やはり太る人はいるようですね!

実際に、私も服用していましたが、
太りました^^;

でも、トフラニールの服用開始時は、
痩せた経験もあるんです。


そこで今回は、

トフラニールの副作用で太ることはあるのか?

この問題について、体験談ベース
詳しくお話しますね。


広告

私が初めて抗うつ薬を服用したのは、
もう数十年前です。

当時は、SSRI・SNRIタイプの抗うつ薬は
ありませんでしたので…

トフラニール(成分:イミプラミン)は、
多くの患者さんに処方されていました。

今では、おかげさまで(汗;)
一般的な抗うつ薬は、
ほとんど服用経験があります。。。


さっそく、トフラニールを服用後、
私の体重がどうなっていったのか?

みて行きましょ~♪
宜しくお願いします。

広告

トフラニールは副作用で太るの?

まず、私の結論から言いますね!!

トフラニールの服用後、2~3ヶ月の間は、
体重が減りました。


あれ?減ったの?
って、思いましたか…?

そうなんです、減りました。

私が思う、体重減少の理由は、
飲み始めに副作用が強く出ていたから。

これが原因だと思います。


実際、私の所有している精神薬の書籍には、
トフラニールの副作用には

体重増加」と「体重減少」が、
書かれているんですね。

なので、私が痩せたのも、
レアな経験ではないようですね^^


しかし、
太ると言う意見が目立つのも事実!!

で、私はどうなったのか?
と言いますと…

副作用が落ち着いてきた時期から、
体重が増え始めたのを覚えています。

毎日体重を測っていたワケでは
なかったので、少し曖昧ですが、

初めに3kg程痩せて
その後、2ヶ月程で元に戻り、

更に、3ヶ月後には、
3kg程増えていました。

それからは、徐々に体重は増えましたが、
通常時からみると、プラス7kg程
落ち着いた感じです。


本来、私は食が細くて、
体重が全く増えませんでした。

なので、1~2kg太っただけでも
かなり凄いことだったんです^^;

胃腸が弱いのと、ストレスに弱いため、
太れなかったのだと思います。

結論を言うと、

「トフラニールの副作用で太ることはある!!」

しかも、情報を集めたところ、
かなりの人が太った経験を持っていますね。


では、次の章で原因に迫りたいと思います♪


うつ状態

副作用で太る原因とは?


ヒスタミン
ヒスタミンには、食欲を制御する作用があります。
正常ですと、適度にヒスタミンが存在します。

しかし、トフラニールには、
抗ヒスタミン作用があります。

一言でいえば、ヒスタミンの働きを
邪魔してしまうのです!

結果、食欲を抑える物質「ヒスタミン」が、
力を失って、普段以上の食欲が発生しやすい。

よって、「食べる太りやすい
という流れに繋がるんですね。


抗うつ薬の効果がでてきた
うつ状態(病)の時は、
食欲が出ないことが多いです。

もちろん、過食気味になっている人も
いますが、食欲が低下している人は多いです。


抗うつ薬には、気分を元気にしてくれる作用や
心を落ち着かせる作用があります。

心・身体」が通常(正常)に近づくことで、
自然と食欲が戻る、もしくは普段よりも増す。

この様な傾向も、
太ることと関係がある要因です。


私の場合は、トフラニールを服用後、
しばらくの間、
副作用で食欲がありませんでした。

しかし、「強い不安感」がトフラニールで
改善し始めたため、薬の効果と一緒に、
食欲が戻った感じですね。


体調が良くなるに連れて、太る人
結構いますが、この様な仕組みでしょう!!


代謝の力が低下
うつ状態(病)の時は、
なかなか活動的に動けないものです。

そして、抗うつ薬(今はトフラニール)の
効果で、「不安・緊張」などの症状が
緩和すると、消費カロリーが下がりやすい。


この様な状態だと、症状は落ち着いているので
いいことなのですが…
息や心臓などの活動も、必要最低限まで下ります。

よって、体自体の活動能力の低下により、
脂肪は燃焼しづらく、溜まりやすくなります。


もう1つ!!


薬の種類・量が多い人は、
体の代謝が悪くなる可能性が。


自分では気づきにくいですが、

「食事の量が変わっていない!」

しかし、太ってしまう・・・

このような場合は、
代謝機能低下の可能性があるので、
医師に相談して下さいね。


で、ですが、この代謝機能低下で、
太った?と、感じたことはないです。

う~ん、やはり「①ヒスタミン」の
影響が「」かな?と、思います。


★体験談の!トフラニールの関連記事があります↓↓
トフラニールの効果と強さは?薬の効果発現時間は?


女性・寝る前

最後に…

今日の記事は、
いかがだったでしょうか。

抗うつ薬は太る・・・

最近では、
多くの人が知っていますね^^;

でも、個人差・抗うつ薬の種類によって、
かなりの差があるのも事実。

SSRI・SNRIタイプと比べると、
太りやすいと言えますし…

私自身の、多くの抗うつ薬服用経験では、
トフラニールで太る影響は、
レベルを5段階で評価すると4/5程度。

よって、
かなり太りやすい薬だと思います^^;


しかし、
他の抗うつ薬では効果が出なくて、
太るのも気になる(>_<)

そんな時は、担当医と相談して、
薬量の調節なども有効ですよ♪


あとは、うつ状態(病)に、
改善がみられたら…

積極的に「運動」をすることで、
カバーできる場合もあるので、
頑張ってください(*^_^*)


今日は終わりです。
ありがとうございました。

広告