広告

パキシルを初めて処方された時、

どの位の時間で、
効果を実感できるのか…??



って疑問が出てきますよね?


広告


で、管理人ですが、
個人輸入でパキシル
服用していた時期がありました。

また、心療内科でパキシルを
処方されて、服用していた
時期もありました。

結構、お世話になった薬ですので、
鮮明に特徴を覚えています。


そこで今回は、

パキシルの効果を実感するまでの時間は?

この件について、
体験談からお話したいと思います。


管理人は、パキシルをはじめ、
一般的な抗うつ薬は…

ほとんど服用してきましたので、
薬ごとの違いにも敏感なんです^^;

それでは早速、パキシルの「コト」、
丁寧に体験談レビューしますね♪


宜しくお願いします!(*´∀`*)

不安な女性

パキシルとの出会い&管理人の経験値は?

いきなりですが、
薬の効果が表れる時間には、
個人差」が大きいです。

コレ、言っちゃうと、
じゃ、なんにも参考にならんじゃないか!?

と、なってしまいますが、
平均的な時間は、薬ごとに設定されています。


例えば、
抗不安薬のデパスなら、
服用後30分以内に効果を感じます。

で、パキシルですが、
SSRIというタイプの、
若干新しい抗うつ薬です。

基本的に、抗うつ薬には、
即効性がないとされています。

コレは、昔から言われていますが、
現在でも、この意見は常識となっています。

ですので、事実と考えていいですね。

「パキシル」に始めて出会ったのは、
個人輸入で購入した時です。


当時の管理人の症状は↓↓

  • うつ状態(病)
  • 強い不安感

この2つの症状が、
目立っていたんです^^;

さて、やっとパキシルが手元に
届いたので、効いてくれ!!

と、いう願いと、
早く効果が出て欲しい!

こんな事を思っていましたね^^


で、その日の夕方から、
服用をスタートしました。

当時、管理人は精神薬(科)の本を、
数多く読んでいました。

そんな訳で、抗うつ薬の知識
効果・副作用、飲み合わせなども、
実は詳しかったんですね。

でも、当時はまだ、精神薬の
服用経験が少なかったので、
実体験を話せるレベルではありませんでした。


しかし現在は、処方されている「抗うつ薬」を、
ほとんど服用しましたので、
管理人の体験談が、お役に立てば嬉しいです^^

と、ご紹介が長くなってしまいました(苦笑


パキシル服用後、どうなったのか?
ご案内いたします♪

広告

パキシルの効果を実感するまでの時間は?

パキシルは、夕食後に服用
する場合が多いです。

これは、眠気の副作用などを、
考慮しているからです。


人によっては、朝服用の方も
実際にいますので…

そこまで、服用する時間に、
こだわらなくても大丈夫と言えます。

パキシル(成分:パロキセチン)の、
血中濃度半減期は、
約15~24時間とされています。

この数値の違いですが、
データが複数存在していて、
本当の、半減期がいつなのか??

調べても、確実な答えがありませんでした。


半減期とは、ここではパキシルを例にして、
説明しますと…

薬を服用して、パキシルは5時間程度で、
体内の血中濃度が最大になります。

コレも、個人差が多少あります。


で、5時間後⇒最高血中濃度⇒
徐々に、体内の血液中のパキシルの
濃度が下ります⇒

15~24時間程の時間で、
最高血中濃度から、体内のパキシルの
有効成分濃度が半分になる時間

この状態を、血中濃度半減期と呼びます。

簡単に言えば、最大濃度から半分の濃度に
なる時間ですね^^


で、パキシルですが、基本的には、
1日1回の服用で、処方されています。

しかし、中には、1日2回の服用の
方もいるようですね。


半減期が長めですので、
1日1回、服用していれば、

徐々に、パキシルの有効成分が、
体内に蓄積していきます。

すると、パキシルの効果が表れる!!
って、事になります。

(※あくまでも体質的に、
パキシルがあっている場合)


憂うつな女性


さて、私が個人輸入したパキシルを
服用した経過は以下になります♪

[1週間目] 10㎎錠×1、服用。

効果・副作用はなし。
この量で、1週間服用しました。

しかし、効果・副作用がないため
増量を開始です。


[2週間目] 10mg錠×2、服用。

それから数日間経過して、
う~ん、強い不安が多少!?
和らいだかなぁ?

と、感じました。

ちょうど、パキシルを服用し始めて、
10日前後でした。

でも、うつ状態には、一向に変化なしです^^;
という訳で、増量します。


[3週間目] 10mg錠×3、服用。

ちょっと、ハイペースな感じですが、
うつ状態に、効果があるのか?
早く確かめたかったんです(*´∀`*)

管理人は幸運にも、
パキシルの副作用が、
ほとんど出現しませんでした^^

で、よ~く考えてみると・・・

何だか「強い不安感」が、
確かに軽減している(*´∀`*)

そんな訳で、パキシルを服用し始めて、
管理人は、[3週間目]で、
効果を実感出来ました。

何だか、一気に効果が出るのではなく、
徐々に、じわりじわりと効いてくる感じかな?

…そんな表現が適切のようです!

その時のことは、
今でもよく覚えていますね^^

自分で、意識しないと気づかない
レベルでしたが・・・


あれ…??
もしかして、効いているんじゃないの?

こんな感じですね。


で、頭で過去数日間を振り返ると、
確かに^^!

気分が楽になって、強い不安感は、
弱い不安感”に変わっていましたね。

で、うつ状態には、大きな変化が
みられませんでした。。。


[4週間目] 10mg錠×4、服用。

もうすぐ1ヶ月になるのか?

服用量も、管理人の症状では、
MAXの1日40mgまできました^^;

不安が和らいだ感覚は、安定しています。

管理人の、
うつ状態には効かないのかな…??

と、頭で考えてみると…

確かに、パキシルの服用日記の記入も、
初めは憂うつだったが、今は違う


普通に出来ている!!
正直なところ、コレがパキシルの効果?

…なのか、よく分からないけれど、
面倒だと思うことが、
以前よりも苦痛ではない!

コレは、事実らしい。

てか、管理人自身が感じるので、
間違っていないはず。

それに、管理人の場合は、
吐き気などの副作用も承知のうえで、
パキシルの増量を急いだのだが、

結果として、4週間目には、
パキシルの効果を実感したんです。


管理人の場合は、強い不安に対しては、
2週間程度」、

うつ状態(病)には、
4週間くらい
で、効果が実感できました。


色々な精神科の本を読むと、
う~ん、「コレは!!」

一般的は速度ですね^^;

ちょっと付け足すと、
多少、早い時間で効果を実感
したと言えそうです(^^)

広告


まとめ

今日の記事は、
いかがだったでしょうか。

パキシルの効果が、
実感できるまでの時間は、
個人差」がありますが、

2週間~4週間で、
管理人は効果を実感しましたよ^^

パキシルの特徴として、
効果に気づきづらい点があるようです。


そんな時には、冷静になり、
一度、ゆっくりと「」で考えて
みるといいですね(*´∀`*)


すると、

あれ…??
以前は、仕事中に汗が沢山出ていたのに、
なんか、汗の量が減ったみたい!?

こんな些細な事で、
パキシルの効果を実感することも
きっと、多いのでは?と、感じました。


うつ状態も同様に、

良く考えると、最近「」の中が、
スッキリしている気がする。

こんな症状を、管理人は経験しました。

なので、パキシルの効果を実感するには、
定期的に自分の「」へ…

変化がないか??
問い合わせてみるといいですね^^


その後、管理人は心療内科で、
パキシルを処方して頂き、
服用を継続していました。

個人的にパキシルは、
自分合っている、好きな薬です。


以上になります。
効果が早く実感できるといいですね^^

広告