広告

抗うつ薬の服用で太るの…??

リラックスしている女性


聞いたことがあるけど、
私の服用している、ルボックス
危ないのかな・・・!?


確かに、抗うつ薬を服用してから、

太った!!
という話はよく聞きますね(汗;


広告

偶然の一致…??
とも思えませんよね?

で、私ですが、病院で処方される
抗うつ薬は、ほとんど服用経験があります。

なかなか、
自分に効果的に作用する抗うつ薬に
出会えず、とても苦労していました。


そんな理由で、気づけば・・・

ほとんどの抗うつ薬を
服用していました^^;

で、話は戻りますが、
ルボックスの副作用で太るのか?

今日は、この問題について、
体験談独自情報から、
お話しますね^^


それでは、今食べている…
ポテトチップスを、
とりあえず、片付けましょうか!(笑)

では、宜しくお願いします(*・ω・)*_ _)

広告

ルボックスの副作用で太るの?

ルボックスは、作用・副作用が、
比較的マイルドな抗うつ薬とされています。

なので、ファーストチョイスで、
処方されやすい抗うつ薬でしょうね。

私も当然服用しました。

一定期間、服用していましたので、
特徴は分かっています^^


で、本題の太るのか??

ですが、

いきなり言っちゃいますね♪

「ルボックスの副作用で、
直接、太る可能性は低いです。」


あぁ〜、すっきりした(^-^)


確かに、ルボックスは完全性が
高く、処方例も多いので…

皆さんが、ぶくぶくと太って
しまったら、大問題ですからね!!


では、なぜ太る人がいるのか?

それは、ルボックスを服用するからなんです。

えっ、君・・・
」、大丈夫??

って、思いましたか?

はい^^
正常ですよ。

こうして記事を書いていますからね!


ルボックスには、「直接的」に
人を太らせる成分はないです。

が、「間接的」には、太る原因となる
問題が隠れています。

では、ルボックスでも太ることが
分かったので、次の章で
具体的な原因をご説明しますね♪

体重計に乗る女性

太る間接的な理由とは?

ルボックスは以下の作用や症状に、
有効とされています。

  1. 「抗うつ作用」がある

  2. 抗不安作用」がある

  3. 「強迫性障害」に効果が期待できる

  4. 「社会不安障害」に効果が期待できる

  5. 「その他」

で、「2」の抗不安作用も、
ルボックスは併せ持ちます。

素晴らしいですね!!


一般的な「抗不安薬」は、
不安・緊張・ストレスなどに、
効き目を発揮します。

不安・緊張などが、強ければ強いほど、
抗不安薬の効果を、強く実感できます。


で、ルボックスを服用した時、
私の「無気力」の症状には、
効果が表れませんでした。。。。

しかし、強い不安感
“ルボックス”の服用で、改善したんです。

抗不安薬とは、若干効き方
異なるのですが、不安に対して
効果が出たのは、事実です。

  1. 強い不安感がある時=食事する気になれない
  2. 不安がないリラックス時=食欲が通常
    (※もしくは、通常以上になる)

私は、上記の2つの精神状態で、
あきらかな食欲の違いを経験したんです。

なので、ルボックスの服用で、
「直接的」に太る可能性はなくても、

間接的に、うつ症状などが改善すると、
食欲が「通常、もしくは通常以上」に
なることは珍しくありません。

そんな訳で、ルボックスの服用が「直接的」
な原因として、太ると思われているのでは?

と、思いました。


ちなみに、私はルボックスの服用で、
体重が1kgくらい増えました。

1kgですので、たいしたことは
ないのですが、

私は、普段から食が細くて、
数年間、体重が増えませんでした。


しかし、抗うつ薬を始め、
様々な、向精神薬を服用すると…

薬により差は大きいのですが、
大抵の場合は太りましたよ^^;


で、ルボックスもそうですが、
服用により「心・身体」が…

正常化された為、
自然と食欲が出てきたんです^^

本来、食事をあまり取らない私が、
ルボックスの「抗不安作用」により、

通常程度の食事量になったのは、事実ですね。

不安な女性

あと、もう1つ要因が考えられます。

それは、「代謝の問題」です。

薬の服用により、あなたの体の代謝が、
悪くなる可能性があります。

とくに、薬の種類・量が多い方は、
代謝の低下が疑われます・・・


もしも、あなたが、
食事の量は変わっていないのに、
体重が増える…(;^ω^)

このような場合は、
代謝が悪くなっていると、
考えられますので…

女性など、気になる方は担当医に、
食事の量は同じなのに体重が増えるんです!!
と、伝えて下さい。

あなたの精神的・肉体的な症状が、
緩和しているようであれば、
薬の減量が出来るかもしれないので。


以下は、簡単な説明ですので、
詳しくは、薬理等を記載している
サイトを参考になさって下さいね^^♪

SSRIに分類される、ルボックス。

このタイプの薬で、影響を受けるのは、
脳内伝達物質のセロトニンがほとんどです。

なので、太る要因と関係が強い、
ヒスタミン関連」には…

ほとんど作用しませんので、
直接、太る要因はないとされます。


更に、ルボックスの副作用には、
食欲不振」が専門書などに記載されています。

しかし、「食欲増進」の副作用は、
問題とされていないんです。。。

広告

まとめ

今日の記事は、
いかがだったでしょうか。

で、ルボックスの服用で太る可能性は
十分考えられます。

まとめると、

  • 抗不安作用がある⇒太る可能性が!

  • 代謝の低下⇒太る可能性が!

  • ヒスタミン関連に作用しない⇒太る可能性は低い!

  • 副作用で食欲不振⇒実際に存在する!

こんな感じになります。

でも、
あまり心配はいらないと思います。

強烈に太ったという方は、
ごく少数ですので(・∀・)

が、
食欲の増進が目立つ場合は、
自分で意識して、コントロールしましょう。

食べたいだけ食べていると、
当然、体重は増えて太ります。


最後に、
あとは「個人差」の問題が、
大きいのも事実です。

私の経験・知識から判断すると、
「ルボックス」を服用すると…

太る人、いる!!

しかし、
太らない人もいる♪

という、微妙な結果となりますが、
コレが、精神薬の難しいところです。


終わりになります^^
最後までありがとうございました。

広告