広告

デパスの登場前は、
抗不安薬の基準薬として、
君臨していた「セルシン」

服用している人は、
気になりませんか…??


広告

服用後に、

効果が表れる時間&効果持続時間!!

知っておきたいですよね!?


で、実はこの2つですが、
個人差が大きいですね。

「セルシンの服用を始めたばかりの人」とか…
「数年間、セルシンを服用している人」とか…
「以前は、他の抗不安薬を処方されていた人」とか…
「体質的に、セルシンが効きづらい人」など…

上記の理由などでも、
セルシンの効果の時間に
違いが出るはずです♪


で、今回は、私の体験談ベースで、
お話させて頂きますね。


宜しくお願いします(*・ω・)*_ _)ペコリ♪

リラックスしている女性

セルシンの効果発現時間は?

私は、現在使用されている、
抗不安薬は、ほとんど服用しました。

気づいたら、ほとんどの抗不安薬を
服用していました、が正解かも!?


では、セルシンの効果発現時間
発表していきますね!!

私の感想で、
いきなり言っちゃいますね!!

「服用後15〜30分以内」です。

15分以上時間が経過すると、

あっ!!
効いてきたと感じました。

そして、30分後には、
私の強固な肩こりにも
効いてくるのが分かりましたよ^^


で、当時私は、食欲不振
症状がありました。


なので、十分な栄養が摂取されて
いなかったのですが…

栄養失調の時には、
セルシンの効果出現時間が
若干、早かったと記憶しています。

空腹時も同様に、
効果発現時間が、
早いように感じました。


なので、
一般的には、20分程度の時間で、
セルシンは効果が表れる!!

と、言えそうですね^^


当時の私の処方量は、
1日2回、5mg錠を、朝・夕
でした。

セルシンの摂取には、
坐薬・注射薬でも出来ます。

さすが歴史が長く、
安全性が高い薬です。


で、即効性では、
「動脈注射」が凄そうですね!

私は経験しませんでしたが、
病院で知り合った、パニック障害の方が、
動脈注射は、即、効果が出る!

と、言っていましたので、
確かでしょう。

あと、セルシンの成分が
血液中で、最大の濃度になるのは、
服用してから、約1時間後!


個人差がありますが、
服用から、徐々に血中濃度が上がり、
1時間後に、最高血中濃度になるんです。

到達後は、少しずつセルシンの効果が、
弱くなっていきます。


続いて、効果持続時間について、
体験談より、お話しますね♪

広告

セルシンの効果持続時間は?

セルシンを服用している人は、
1日2回の服用が多いみたいです。

実際に、私もそうでしたので。


でも、専門書で調べると、
1日2〜4回(外来患者は15mg以内)
となっていますね。

この上記の服用「」を見ると、
あんまり、持続時間は、
長くないのかな??

と、疑問が出てきますよね?


私の場合は、
セルシンの効果を自覚できる時間は、
「8時間程度」です。

私は、朝・夕の処方だったので、
夕方になると…

あっ!!
セルシンが切れてきたな…(>_<)
と、分かります。


肩こりに関しても、
服用から8時間を過ぎると、
再び、発生しますので、

8時間前後が、セルシンの
効果持続時間だと言えそうです。

調べた結果も、約8〜10時間は、
効果を感じられる!!

と、なっていましたので、
私の体験談とほとんど同じです^^


また、タバコを吸う人は、
セルシン(成分:ジアゼパム)が、
身体から早く排泄されて、
作用が弱くなるとされています。

意外な事ですが、
タバコとも関係があるとは・・・


で、セルシンの半減期は、
色々と、情報があり、
数値が異なりますが、

「40〜80時間」が、最も信頼できそうな
数字でした。


まとめると、

セルシンは、服用後1時間程度で、
体内の血液中の濃度が一番高くなり、

その後、徐々に低下してき、
8時間前後で、自覚できる効果が
なくなってきます。

で〜も、血液中にセルシンの成分は、
長く残っています。


セルシン服用後、約1時間で、
最も血液中の濃度が高くなり、

その最高地点の血液中の濃度が、
半分になる時間を、半減期と呼びます。

セルシンは、この半減期の時間が、
かなり長いです。


40〜80時間という、長い時間をかけて、
血液中でセルシンの有効成分は、
最大濃度の半分になります。

しかし「効果持続時間血中濃度半減期
とはならないので、注意です。


簡単に説明しますと、
セルシンは半減期の時間を
迎える頃には…

既に、自身で効果を
感じなくなっているんですね。


あなたの血液中には、セルシンの
有効成分が、残っていても、

ある程度の濃度でなければ
自身で効果が自覚できないんです!!


ですが、半減期が長い薬は、
数日間、服用を続けていると、

血中濃度が安定しやすいという、
メリットがあるんですね。


デパスは、効き目が強いけど、
切れるのが早くて、
薬の切れ際がよく分かります。

対して、セルシンは、
効果自体は自覚できますが、
強い効果を感じづらいです。

と、いう訳で、切れ味が鋭いデパスは、
その気持ちよさに依存しやすいです。


セルシンは、まったり・ゆっくり
のタイプなので、切れ味は多少鈍いので、
気持ちよさを自覚しづらく、依存しづらい!!

この様な違いがあるんですね^^

ちょっと、おまけ的な
お話でしたが…!!

★関連する記事です↓↓
セルシンの効果を体験談で!強い?弱い?どうなの?



広告


終わりに…

いかがだったですか?

今日の記事は、
お役に立てたでしょうか?

再度、整理すると、
セルシンは↓↓

  • 効果発現時間=15〜30分くらい
  • 効果持続時間=8〜10時間くらい

注意点は、
個人差あなたの体調タバコなどで、
上記の数字は影響を受けること。

これで、セルシンの時間の悩みは
解決ですよね?(・∀・)


最後まで、ありがとうございました。

広告