広告

抗不安薬、もしくは精神安定剤に、
セルシン』という薬があります。

処方されましたか…??


…でしたら、私の体験談
お役に立つかも知れません^^


広告

今回は、「セルシンの効果について体験談」を、
詳しくお話しますね♪


私がセルシン(成分:ジアゼパム)を
処方されたのは、かなり昔ですが、

当時、抗不安薬に慣れていなかったため、
効き目に、ビックリしたのを覚えています。

また、“セルシン”と“ホリゾン”は、
同成分ですので、効果は同になります。


それでは、私に効果があった、

セルシンの服用体験談
行ってみましょう〜!!

抗不安薬・睡眠薬

セルシンはどんな薬?

セルシンの歴史は、古くて、
今から、約50年前
日本で認可されました。

超有名な薬、「デパス」が、
認可されるまでの20年間は…

抗不安薬と言えば、『セルシン』!
と呼ばれるほどの、“標準薬”だったんです^^


優れていたんですね!!

何といっても、バランスがいい薬です。

  • 作用が強くも・弱くもない

  • 様々な症状に有効

  • 副作用が少ない

  • 筋肉を緩める作用も強すぎない

  • 作用時間も中間型で依存しずらい

  • などなど…

医師からしても、使いやすい薬
ですので、今でも使われていますね^^


とくに、初診の患者さんには、
様子を見る為に、
処方する医師もいます(゚∀゚ )


寄り道をしましたが、
私の服用体験談を、

どうぞご覧になって下さい。

広告

セルシンの効果!体験談♪

当時の私は↓↓のような状態でした。

  • 不安・緊張が非常に強い

  • ひどい肩こり

  • 食欲不振

  • 原因不明の下痢

主に、こんな感じでした。。。

で、
自分でも原因は、ある程度予想
出来ていたんです。

それは、
『ストレス』です(*´Д`)


もともと、ストレスに弱い体質
だったようで、

ストレスが強くかかると、
体調が悪くなりがちでした。


まずは、内科を受診して細かく
検査をしましたが、う〜ん・・・

異常はみつかりませんでした。

そこで、
セルシンの登場です!!

内科でセルシンを、
1日2回、朝・夕=5mg錠
処方されました。

処方量的には一般的ですが、
当時は、そんな事は知りません・・・


現在では、一般的な抗不安薬は、
ほとんど服用した経験があるので…

薬の名前と、処方量で、
どのような作用・副作用があるのか、
すぐに分かるんですけど^^

で、処方されたセルシンに、
期待して服用を始めました。

服用から、30分ほど経つと、
強固な肩こりが、軽い感じに!!

これは、筋弛緩作用と呼ばれる
ものですが、

セルシンは、この作用が「中程度の強さ」
ありますので、

抗不安薬の耐性がなかった私には、
ビックリする効果でしたよ^^


数日後・・・
仕事に行くのが、いつも憂うつ
でしたが、

何故か?気分がいい感じでした。

濁っていた頭の中が、
何だか、綺麗になっていくと言えば
いいのか(?)

説明が、難しいのですが、
頭がスッキリしているんです♪


その時、あぁ〜、やっぱり、
セルシン」効いているんだ!

と、自覚できましたよ。


あっ、言い忘れましたが、
病院に行った日の夕方から
服用を始めましたが、

その日「だるさ」はありませんでした。

が、
眠気が少しありましたね^^;

でも、我慢できる程度の眠気です。


当時は、不眠症ではありませんでしたが、
きっと、寝る前にセルシン飲めば
良く眠れそう…と、思ったのを覚えています。

次は、服用から1ヶ月後のお話です♪

不安な女性

セルシン服用から1ヶ月経過!

一番の悩み・・・
それは、「不安・緊張」でした。

いつもは無意識に、神経が過剰に反応
していましたが、

1ヶ月ほど、セルシンを服用していると、
ささいな事が気にならない(?)

なんだか、“落ち着いた人“に
変身したみたいです。


仕事では、事務を担当していて、
強固な肩こりでしたが、
薬の効果でしょう!!

緩和されています^^


朝、セルシンを服用して、
30分程度で、肩周辺の筋肉が
軽くなるのを自覚していたんです。

で、夕方になると、
また、肩が凝ってくるのですが、
セルシンを飲むと

やはり、30分程度で、
肩周辺の筋肉がほぐれてきます

私の以下の症状の
体感的な改善度%は↓↓

  • 不安・緊張が非常に強い=35%

  • ひどい肩こり=40%

  • 食欲不振=20%

  • 原因不明の下痢=0%

感覚的にですが、こんな感じです(^-^)

後で、わかったのですが、
私が服用していた、セルシンの量は
一般的な処方量でした。

病院には、通い続けていて、
セルシンの処方は継続中。

とくに、効果に不満もなかったので、
処方量は、初診時のときと同じ!


で、1度だけ、セルシンを飲むのを
止めてみました。。。

1日目は、あまり変化がなく、
もう薬は、いらないかな??

と、思っていると、
2日目以降、ひどい肩こりと、

仕事に行くのが憂うつに感じる
状態になったんですよ(゚Д゚ )


急いで、セルシンを服用して、
30分〜1時間で、身体が軽くなり、

やっぱり、
今は薬を飲んでいた方がいい!!

と、気づかされましたね^^;


この頃から、精神薬に関する本を、
読むようになったんです。

すると、
へぇ〜、セルシンの効果は、
それほど強くはないのね!とか、

この処方量なら、依存
心配はあまりないのね!とか、

てか、デパスがもの凄く、
気になるんだけど…とか、

思い・考えるように。

看護師・心療内科


私を助けてくれた、セルシンですが、
結局、1年近く服用しました。

最後の方は、朝だけの服用でしたよ!!

その後、
仕事が変わり、通っていた内科には、
遠くて行けないので…

職場近くの駅前にあった、
心療内科」に通うことに。


紹介状を持って行かなかったので、
服用していたセルシンの話をしました。

医師:セルシンを朝1錠ですか?
:はい!効果は少し弱いです。
医師:下痢は今でも続いていますか?
:はい、治りません。
医師:分かりました、薬出しときますね。

と、いう感じで処方された薬は、

なんと、
デパス0.5mg錠×1日3回
だったんです。

今後、私がどうなったのかは、
お楽しみということで^^

広告



★関連記事はこちらです↓↓
セルシンの効果発現時間は?持続時間はどれくらい?

まとめ

今日の記事は、
いかがだったでしょうか。

抗不安薬のセルシンは、
いい薬でしたよ^^

持続時間も長めで、
即効性もまずまずでしたね。



最近は、処方しない医師もいますが、

他の抗不安薬の…
強さを測る基準として、
使われている、まさに「標準薬」!!

副作用も少ないし、依存性も弱めで、
長期間、抗不安薬を服用するには、
いいんじゃないのかな!?

って、思います。


これで、私のセルシンの効果!
体験談を終わります。

ありがとうございました。

広告