広告

『リーゼ』という、
抗不安薬があります。


もしかして、
あなた、処方されましたか…??

…実は私も服用経験があります。


広告

そこで今回、

リーゼとはどんな薬か?加えて、効果や時間

について、体験談独自リサーチ
情報をお話ししたいと思います。


初めて処方されたのは、
もう10年以上前ですが、
けっこう記憶に残っていますね

名前も「リーゼ」と、
何やら、可愛らしい感じがします^^
(私だけ!?)

そして私は、抗不安薬
数多く服用してきたので、
他の薬と比較も出来ますよ。


それでは、さっそく「リーゼ」について、
詳しくみて行きましょう♪

宜しくお願いします。

私がリーゼを飲んだ感想!

私がリーゼを、飲み始めたキッカケは、
当時、ある資格を取るために、
猛勉強中だったときです。

住んでいた場所が、
電車の線路にとても近く、

頻繁に電車が走っていました。。。

その音が気になり、
全く集中できなかったのです(>_<)

主な症状は

  • イライラ

  • 不眠

  • 肩こり

でした。

内科の検査をしたのですが、
異常はありませんでした。

医師には、精神的なストレスと、
言われたんです…(>_<)


通院していたのは、
内科のクリニックだったのですが、
リーゼとハルシオンを処方されました。

心療内科ではないですよ!!
普通の内科です。

症状が軽い場合は、
内科でも、抗不安薬・睡眠薬が
処方されることがあるんです。

※「デパス」なども内科で処方された
 経験があります



当時は私も、抗不安薬の、
服用経験も少なかったです。

なので、
リーゼがどの程度効くのか?と、不安でしたが、
驚くほど「イライラ」に効果が!( ̄ー ̄)bグッ!

電車の音が、あまり気にならなくなり、
勉強にすごく集中できたんです!!


それも、医師に言わせれば、
子供レベルの服用量とのことです。

リーゼ5mg錠を、
朝・夕に1錠ずつの服用でした。

広告

不眠に関しては、
ハルシオン0.125mg錠が処方され、
飲めば眠れたのを覚えています。


この2つの薬は、
当時の私には、良く効きましたね(*^_^*)

少し服用を続けていると、
効き目が弱く感じるようになり、
リーゼは、1日3回に変更!

ちなみに、この服用量でも、
全く問題はありません。


そんな訳で、勉強に集中でき、
効果が実感できたので、
印象が強く、よく覚えています^^


でも、後でわかったのですが、
リーゼは、比較的弱い抗不安薬なんですね。

しかも、服用量は少なかったですし・・・


それでも、私には効果があったので、
良かったのですが。

また、リーゼにも副作用はありますが、
私には、全く出ませんでした。


当時は理解していませんでしたが、
抗不安薬でも、
副作用が出る可能性があります!!


で、
ハルシオンは、最近では、
なかなか処方されません。

他に新しいタイプの薬の登場や、
効果や副作用の問題からです。


良い薬なのですが、
最近の医師は、処方をためらいます。

というか、
患者さんからのリクエストがなければ、
ほとんど処方されないでしょう。

不安な女性

薬 リーゼとは?

リーゼ(成分:クロチアゼパム)は、
抗不安薬の1つです。

系統は、デパスと同じで、
チエノジアゼピン系に属します。


精神疾患の薬で、日本国産の薬は、
ほとんどないんですね。

が、
世界的にも知られているのが、
デパスリーゼです^^

薬の完成度が、極めて高いと
言っても、過言ではないでしょう。


●特徴

  • 効果が認められている

  • 安全性が高い

  • 副作用が少ない

と、三拍子揃っているので、
現在でも、比較的症状の軽い方や、
ご高齢の方に、広く処方されています。

広告


効果は?


●リーゼの効果

  • 気分を落ちつかせる

  • 緊張感・不安の緩和

  • 眠りやすくする

上記が主な効果です。

他にも

  • うつ病

  • 心身症

  • 不安神経症

  • パニック障害

  • 更年期障害

など、精神・神経の症状や、
それにより、引き起こされる…

体の不調などの改善を期待して
幅広く処方されています。


現在、主に処方されている
抗不安薬の中で、効果は、
比較的穏やかとされています。

実際に私が、違う抗不安薬である、
デパスやレキソタンなどを
服用して比べると、
リーゼの効果は弱いと感じましたね^^;


でも、
私のイライラが改善したように、
初めての抗不安薬として、

または、
症状が軽い方には、
適していると思いました。


デパスやレキソタンなどと違い、
筋弛緩作用と呼ばれる、
肩こりなどを緩和する効果も、リーゼは弱いですね。


リーゼと睡眠薬くらいの処方で、
効果が出ていましたら、
きっと、あなたは軽症かもです??

症状がひどい場合は、
もっと強い抗不安薬が使われます。


次の章では、リーゼの時間について、
詳しく説明しますね♪

看護師・心療内科

時間は?


血中濃度半減期
基本的に、リーゼは1日3回服用タイプで、
血中濃度半減期は、5時間程度になります。

この、血中濃度半減期とは、
血液中で薬の有効成分が、
半分になる時間です。


個人差もありますが、
単純に、服用後から約5時間経過すると…

体感できる、効果・作用はなくなっていく!
ことは、私も多く経験済みです。

なので、半減期を過ぎたら、
実質的には、薬の作用は感じ取れないと、
考えて良いと思います。


ちょっと、ややこしいのですが、
血中濃度半減期が、
20時間の薬であっても…

単純に20時間、薬の効果が、
期待できるとは限りません。

理由は、薬の効果が持続するための、
最低血中濃度」というものがあるんです。

この値が低すぎると、
薬は「有効域以下になり…

例え、血中濃度半減期まで、
時間が残っていても
薬が有効域以下では、
効果は無効になります。


最高濃度到達時間
薬 リーゼの効果がピークになるのは、
服用してから、約1時間後です。

1時間後が、一番血中濃度が
高くなるということです。


効果発現時間
薬の効果が出てくるまでの時間です。

効果発現時間は、
15分程度だと思います。

個人差もあるでしょうが、
私の服用経験では、
やはり、10~20分で効いてきました。


抗不安薬は、
基本的に即効性があります。

なので、イライラが強くても、
自分に合った抗不安薬を服用すれば、
数十分で効果が出てくるのが、一般的!


★関連記事で、依存について書きました↓↓
リーゼの副作用に依存は?体験談でズバリ言います!

まとめ

今回の記事、
いかがだったでしょうか?

リーゼデパスは、
日本が誇る有名な薬です。


歴史も比較的長く、
現在でも、広く処方されている為、
安全性などは、高いですね^^


欠点は、
効果筋弛緩作用が弱い点です。

私も、他の抗不安薬を処方されてから、
わかったのですが…(・ω<)


また、同系統のデパスなどは、
効果を実感しやすいのですが…

リーゼは、穏やかに効くので、
抗不安薬の依存
なりづらいと感じました。


全ての薬に言えますが、
自分に「合う・合わない」があります。

なので、
これはダメかも?と、感じましたら、
医師にきちんと伝えて下さいね。

薬の変更という、選択もありますので^^


今日は以上になります。

広告